日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

Twitter新型コロナワクチンの偽情報ツイートを削除!内容

Twitter新型コロナワクチンの偽情報ツイートを削除!内容

Twitter新型コロナワクチンの偽情報ツイートを削除!内容

米Twitterは12月16日に、新型コロナウイルスのワクチン接種に関する誤った情報を含むツイートを削除する方針を発表しました。21日に新しいポリシーを適用し、来週中に特に悪質な投稿の削除を始めます。年明け以降はその他のツイートにもマークを付けるとしています。

 

 

 

 

 

 

削除対象となるツイート

  • 「新型コロナワクチンは人々を操る目的や、危害を加える目的で使われる」「新型コロナは深刻な問題ではなく、予防接種を受ける必要はない」と主張するもの
  • 副作用に関する虚偽の情報

 Twitterは「ワクチンについての誤った情報は公衆衛生上の重大な課題になっており、(ツイートの削除によって)人々に潜在的な危害をもたらす情報を減らす」としています。

COVID-19: Our approach to misleading vaccine information
By Twitter Safety
Wednesday, 16 December 2020
As the world continues to fight the COVID-19 pandemic and prepare for the global distribution of vaccines, people continue to turn to Twitter to discuss what’s happening and find the latest authoritative public health information.

Earlier this year, we shared our approach around the conversation surrounding COVID-19 on Twitter and today we’re providing additional guidance on how we plan to address misleading information around COVID-19 vaccinations. Starting next week, we will prioritize the removal of the most harmful misleading information, and during the coming weeks, begin to label Tweets that contain potentially misleading information about the vaccines.

Our expanded approach

In the context of a global pandemic, vaccine misinformation presents a significant and growing public health challenge — and we all have a role to play. We are focused on mitigating misleading information that presents the biggest potential harm to people's health and wellbeing. Twitter has an important role to play as a place for good faith public debate and discussion around these critical public health matters.

Under our current policy, we already require the removal of Tweets that include false or misleading information about:

The nature of the virus, such as how it spreads within communities;
The efficacy and/or safety of preventative measures, treatments, or other precautions to mitigate or treat the disease;
Official regulations, restrictions, or exemptions pertaining to health advisories; and
The prevalence or risk of infection or death.
Moving forward and beginning next week, we are expanding the policy and may require people to remove Tweets which advance harmful false or misleading narratives about COVID-19 vaccinations, including:

False claims that suggest immunizations and vaccines are used to intentionally cause harm to or control populations, including statements about vaccines that invoke a deliberate conspiracy;
False claims which have been widely debunked about the adverse impacts or effects of receiving vaccinations; or
False claims that COVID-19 is not real or not serious, and therefore that vaccinations are unnecessary.
Starting in early 2021, we may label or place a warning on Tweets that advance unsubstantiated rumors, disputed claims, as well as incomplete or out-of-context information about vaccines. Tweets that are labeled under this expanded guidance may link to authoritative public health information or the Twitter Rules to provide people with additional context and authoritative information about COVID-19.

What’s next

Using a combination of technology and human review, we will begin enforcing this updated policy on December 21, and expanding our actions during the following weeks. We will enforce this policy in close consultation with local, national and global public health authorities around the world, and will strive to be iterative and transparent in our approach. We remained focused on helping people find credible health information, verifying public health experts, and updating our policies in an iterative and transparent approach.

@TwitterSafety
Twitter Safety

@TwitterSafety verified

Safety tools, resources, and updates

 

 

 

 

日本語翻訳

COVID-19:誤解を招くワクチン情報への私たちのアプローチ
ことで Twitterの安全性
2020年12月16日水曜日
世界がCOVID-19のパンデミックと戦い続け、ワクチンの世界的な流通に備える中、人々はTwitterを利用して何が起こっているのかを話し合い、最新の信頼できる公衆衛生情報を見つけています。

今年の初めに、TwitterでCOVID-19を取り巻く会話に関するアプローチを共有し、本日、COVID-19ワクチン接種に関する誤解を招く情報に対処する方法について追加のガイダンスを提供します。来週から、最も有害な誤解を招く情報の削除を優先し、今後数週間の間に、ワクチンに関する誤解を招く可能性のある情報を含むツイートのラベル付けを開始します。

私たちの拡張されたアプローチ

世界的大流行の文脈において、ワクチンの誤った情報は、重大かつ増大する公衆衛生上の課題を提示します—そして私たち全員が果たすべき役割を持っています。私たちは、人々の健康と幸福に最大の潜在的危害をもたらす誤解を招く情報を軽減することに焦点を当てています。Twitterは、これらの重要な公衆衛生問題に関する誠実な公開討論および議論の場として果たすべき重要な役割を担っています。

現在のポリシーでは、以下に関する虚偽または誤解を招く情報を含むツイートを削除する必要があります。

コミュニティ内での拡散方法など、ウイルスの性質。
病気を軽減または治療するための予防措置、治療、または他の予防策の有効性および/または安全性;
健康勧告に関連する公式の規制、制限、または免除。そして
感染または死亡の有病率またはリスク。
今後、来週からポリシーを拡大し、COVID-19ワクチン接種に関する有害な虚偽または誤解を招くような説明を進めるツイートを削除するように人々に要求する可能性があります。

予防接種とワクチンが意図的に集団に危害を加えたり、集団を制御したりするために使用されていることを示唆する虚偽の主張。これには、意図的な陰謀を引き起こすワクチンに関する記述が含まれます。
予防接種を受けることの悪影響または影響について広く暴かれた虚偽の主張; または
COVID-19は本物ではない、または深刻ではないため、予防接種は不要であるという誤った主張。
Starting in early 2021, we may label or place a warning on Tweets that advance unsubstantiated rumors, disputed claims, as well as incomplete or out-of-context information about vaccines. Tweets that are labeled under this expanded guidance may link to authoritative public health information or the Twitter Rules to provide people with additional context and authoritative information about COVID-19.

What’s next

テクノロジーとヒューマンレビューを組み合わせて、この更新されたポリシーを12月21日に施行し、その後数週間でアクションを拡大します。私たちは、世界中の地方、国、および世界の公衆衛生当局と緊密に協議してこの方針を実施し、私たちのアプローチにおいて反復的かつ透明性を保つよう努めます。私たちは、人々が信頼できる健康情報を見つけるのを支援し、公衆衛生の専門家を検証し、反復的かつ透明なアプローチでポリシーを更新することに引き続き注力しました。