日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

森元会長に東京オリンピック「名誉最高顧問」就任へ五輪組織委が検討

森元首相に「名誉最高顧問」就任へ五輪組織委が検討

森会長に「名誉最高顧問」就任へ五輪組織委が検討

東京五輪パラリンピックの大会組織委員会が、前会長の森喜朗元首相を「名誉最高顧問」に就ける案を検討していることが分かりました。大会開催に果たした功績や、期間中の海外要人の接遇役も念頭に置いたものだそうです。しかし、森元会長は「女性蔑視発言」で会長を辞任した経緯があることから国内外で大きな批判を招く可能性があり、政府などに強い反対論も出ているようです。

 

 

森元会長は2014年から2021年2月まで組織委会長を務めた功績を踏まえ、安倍晋三前首相と同じ組織委の「名誉最高顧問」としたい考えで、組織委幹部と政府側が水面下で調整していると報じられています。

 

 

組織委幹部は「安倍氏と同じような肩書にどこかで就いてほしいと思っている。ここまでやってくださった方。処遇しないとならない」と話しているそうです。森氏が海外の五輪関係者とのパイプを持つことから、大会期間中の関係者との接遇を考え、役職が必要との声も上がっているようですう。

 

 

森氏は23日の五輪の開会式には「功労者」として出席する予定だそうです。21日には福島県営あづま球場でのソフトボール競技を視察して18日には東京・迎賓館であった国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らの歓迎会に菅義偉首相、小池百合子東京都知事らとともに出席しました。加藤勝信官房長官は19日の記者会見で森氏について「元総理の立場で参加をされたと聞いている」と述べていまする。