日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

録画映像動画「ラクダ商人を追い越せ!」「Get the camel drivers」ドイツ自転車コーチが人種差別発言

録画映像動画「ラクダ商人を追い越せ!」「Get the camel drivers」ドイツ自転車コーチが人種差別発言

録画映像動画「ラクダ商人を追い越せ!」「Get the camel drivers」ドイツ自転車コーチが人種差別発言

7月28日に行なわれた東京オリンピックの自転車競技の男子タイムトライアルでドイツ代表のニキアス・アルントに、後方から「そのラクダ商人を追い越せ! ラクダ商人を追い越せ! やっちまえ!」「Get the camel drivers」と自動車で伴走していたドイツ代表のコーチのパトリック・モスターが、アルジェリア代表のアゼディヌ・ラガブを捉えようとしていたアルントに向かって、人種差別発言をしたとして強制帰国させられたようです

 

 

 

この発言は明らかにアラブ圏の人びとを愚弄する表現であり、すぐさまこれが大問題となりました。ドイツ国内のライブ中継で解説を担当した人物は、「呆れてなにも言えない」と絶句し瞬く間にSNSで情報が拡散し、東京に滞在しているドイツ五輪スポーツ連盟のアルフォンス・ヘルマンが翌29日に謝罪声明を発表するに至りました。

 

 

「昨日、モスター氏が発した人種差別的発言に関して、心より謝罪を申し上げます。彼はオリンピックの精神を冒涜しました。これは我々ドイツ選手団が大切にしているフェアプレー、尊敬、寛容を裏切る行為でもあります」
 
すでにドイツへの強制帰国を言い渡されていたモスター自身も「熱くなりすぎていたとはいえ、不適切な発言をしてしまったことを深くお詫びします。本当に申し訳ありませんでした」と釈明。突然、妙な指示を出されて困惑したのがアルントだ。こちらも「いきなりあんな風に言われて、走りながら愕然としたよ。許されるべき発言ではない」と断じた。

 

 

一方で、被害者であるラガブもツイッターで想いを吐露。「さて、オリンピックにはラクダのレースなんてないはずだけどね。だから僕は自転車競技に出たんだ。少なくともこの東京オリンピックではね」と、ユーモアお交えて投稿しています。