日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

動画撮影!岩手県北上市聖火リレーでコカ・コーラのスポンサーがパトカーで撮影!

岩手県北上市聖火リレーでコカ・コーラのスポンサーがパトカーで撮影!

岩手県北上市聖火リレーでコカ・コーラのスポンサーがパトカーで撮影!

岩手県警によると、6月18日午後0時50分ごろ、聖火リレーのスポンサーの日本コカ・コーラ社の関係者の男性3人が、JR北上駅前の公道で待機していた警察官に「パトカーを見せてほしい」と声を掛けた。警察官が了承し、2人が運転席や後部座席に座り、1人が車外から撮影した動画が話題になっています。聖火リレー開始まで30分以上あり、影響はなかったようですが何が問題だったのでしょうか。

 

 

記事の内容

岩手県北上市で18日に行われた東京五輪の聖火リレーで、岩手県警の警察官が、スポンサーである日本コカ・コーラ社の関係者から東京五輪特製グッズを受け取った後、関係者をリレーを先導するパトカーの運転席に座らせ、写真撮影をさせていた。朝日新聞記者が現場で目撃し、動画を撮影した。

 

これに対して岩手県警は「聖火リレー警備に関わるパトカーの運転席にスポンサーの関係者を乗車させたことは間違いない」「不特定多数の方に配布されるスポンサーのタオルを受領したことも間違いない」と事実関係を認めているようです。

 

 

 

現場は、北上市の聖火リレーの出発地点だったJR北上駅前。リレーの出発前で、駅前通りは交通規制され、先導するパトカーやスポンサーの関係車両など数十台が並んで公道上に待機していたようです。

 

 

 

県警警備課の担当者は「連携して円滑に運営を進めるコミュニケーションの一部だと認識していた。ゆるみとの指摘があれば誠実に受け止めたい」と語った。日本コカ・コーラの担当者は「緊張感に欠ける行為だった。引き続き安全な運営に努めたい」とコメントしています

 

 

お巡りさんも親切に対応してスポンサーの方も許可を取って撮影したので何が問題かよくわかりませんでしたが、タオルを受け取って見せたという表現が問題視されたようです。タオルは一般の方に無料で配布しているものだったので、お巡りさんも受け取ったのだとおもいます。きっとタオルをもらったから見せたのではないと思います。そもそも感染対策からしたらタオルを配るというスポンサー行為が良くないのではとおもわれました