日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

横浜戸塚区アミメニシキヘビ盗難されていた!「盗まれた可能性が高い」

横浜戸塚区ニシキヘビの飼い主、アパート引っ越しで部屋退去!見つからず

横浜戸塚区ニシキヘビの飼い主、アパート引っ越しで部屋退去!見つからず

横浜市戸塚区のアパートから姿を消したアミメニシキヘビの捜索は5月18日も行われましたが、発見には至らず「3・5メートルのヘビの目撃情報すらないのが不思議です。誰かに盗まれた可能性が高いと思う」と話しているようです。30代の女性は「道にいたヘビを車で盗んだのかな。誰かが飼っているならもう出てこない」と見つからない理由をコメントしました。

警察は飼い主の自宅周辺約100~300メートルの範囲を中心に捜査を進めている。戸塚警察署は盗難の可能性について「ヘビが盗まれたことを完全に否定し、または完全に肯定する確固たる証拠がない」とし、「可能性がないとは言い切れません」とコメントした。

飼い主は引っ越し!部屋の中にはいなかった

神奈川県横浜市戸塚区のアパートの2階のニシキヘビの飼い主が5月15日、アパートを引っ越し部屋退去しました。飼い主は、アパートがペット不可の物件だったことから、貸主と協議した結果退去することになりました。この日の夜遅くに引っ越し作業を終えた前日5月14日に飼っていた他のヘビやワニなど計5匹を買い取り業者に譲渡し整理された状態で洗濯機や、ベッドなども入念に調べましたがみつからず、室内にいる可能性は消えたようです。

部屋の間取りは3LDK

ヘビの直径は10㎝なので排水溝から逃げた可能性は低いとみられています。ただ過去には海外ですがタイの東部チャチュンサオ県で3.5mのヘビが水洗トイレの中から出てきて男性にかみついたケースがあります。こちらは海外のニュースなので画像が衝撃的なので気の弱い方は絶対に見ないでください

 

 

 

捜索範囲拡大

5月6日午後9時25分頃、神奈川県横浜市戸塚区名瀬町1860−5のアパートI'llNS.A
の2階から動物愛護法で特定動物に指定されているアミメニシキヘビ体長約3.5メートル幅約10センチがベランダの窓から逃げた件で飼い主は大家さんと協議した結果、部屋を退去しアパートを引っ越しました。

横浜市戸塚区アミメニシキヘビが捕獲!ネズミなどでおびき寄せる網で捕まる!

横浜市戸塚区アミメニシキヘビが捕獲!ネズミなどでおびき寄せる網で捕まる!

5月15日は捜査員100人を越えて近隣を捜索しましたが見つかりませんでした。専門家が「アミメニシキヘビが捕獲!ネズミなどでおびき寄せる網で必ず捕まる」と5月13日朝9時ごろからエサを使っておびき寄せる手法に変更して捜索を行ったようです。アミメニシキヘビの習性をよくしる専門家によるとヘビはまだ住居からかなり近い位置にいてそんなに遠くに行っていないと予測しています

子ブタやネズミなど餌におびき寄せ捕獲作戦

子ブタやネズミなど餌におびき寄せ捕獲作戦

子ブタやネズミなど餌におびき寄せ捕獲作戦

警察などを含め、これまでも排水溝を開けたり、林や草むらも探してきましたがみつかりません。ヘビの性質を考えても、ごく近くに潜んでいると考えられています。そもため好物のネズミや子ブタなどを袋に入れた状態で金属製の入れ物の中に置き、臭いで誘いだすおびき寄せ捕獲作戦を決行しました。アパートの近く、水辺の周りなど6カ所に設置して宝探しのようなことを続けていても厳しい状況なので手法を変えるようです。

5月13日作戦決行

用意したのはいつも食べていたエサ用の死んだネズミのようです。その餌をいれたかごを設置して、おびき寄せる方法をとりました。袋に包んだエサを約30×20センチの鳥かごのようなケースに入れて設置しました

設置場所

  • 自宅敷地内の植え込み
  • 近くの排水溝
  • 隣接する民家の竹林
  • 約30メートル離れた倉庫
  • 隠れる場所が多い民家
  • 約50メートル離れた名瀬川

あとはヘビが臭いをかぎつければOK。餌は1カ月に1回程度しか食べない様で脱走前は3週間くらいに食べたきりで空腹なはずだそうです。夜行性なので昼間はなかなか難しいかもしれませんが、明日の朝くらいまでに、臭いに誘われて出てきてくれるかどうか期待がかかります。

飼い主も「どうにか見つかってほしい。わらにもすがる思いです。正直、もっと早く見つかると思っていたが、皆さんに大変ご心配をかけてしまって、申し訳ない気持ちです」。自身も勤務先に休業許可をもらい、昼夜を通じて探し続けているようです

 

 

 

 

横浜市で脱走した3.5mのニシキヘビが見つからない理由が衝撃的

飼い主が警察の方と一緒にヘビを探しています。近隣の方から文句を言われて謝ったり逆に励まされたりもしています。早く見つかるといいですね!

 

男性から神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3158−1にある戸塚署に連絡があり14人態勢で捜査を続けてきましたが見つからないようです!

 

 

 

 

 

5月6日午後9時25分頃に飼っている男性から「飼っているヘビがいなくなった」と戸塚署に通報があり同署ではパトカーで周辺を捜しています。男性は5月6日午前8時頃に外出し、午後9時頃に帰宅した際、ヘビがいないことに気づきました。開いていたベランダの窓から屋外に出たとみられています。大きさは体長約3メートル50、幅約10センチのアミメニシキヘビで、毒はありませんが世界最大級のヘビで動物愛護法で特定動物に指定されています。

大人の猫などは丸のみされてしまう大きさだそうです。小型犬も危険ですので近隣の散歩など注意してください。

 ※こちらの影像は猫が食べられる映像が含まれます。お子さんや気の弱い方は絶対に見ないでください!

ステイホームに効果?

ちょっと不謹慎な気もします。 

 

 

 

特定動物を飼育する場合守るべき基準

飼育する場合守るべき基準

飼育する場合守るべき基準

今回脱走したニシキヘビは体重約13キロで黄色をしているようです。飼い主の男性は2017年に横浜市動物愛護センターに対し、飼う施設を申請して許可を受け2017年7月ごろからマンション2階の居室で飼育していたようです。2020年6月に改正があり、愛玩目的で新たに飼育することは禁止されましたが現在飼っている個体については、繁殖は認められないものの、死ぬまでは飼育してもいいとされていたようです。

守るべき基準の概要は以下の通りです。

1.飼養施設の構造や規模に関する事項

一定の基準を満たした「おり型施設」などで飼養保管する
逸走を防止できる構造及び強度を確保する
2.飼養施設の管理方法に関する事項

定期的な施設の点検を実施する
第三者の接触を防止する措置をとる
特定動物を飼養している旨の標識を掲示する
3.動物の管理方法に関する事項

施設外飼養の禁止
マイクロチップ等による個体識別措置をとる(鳥類は脚環による識別も可能)

www.env.go.jp

 

 

横浜市戸塚区名瀬町ニシキヘビの逃げたエリア 


近隣には注意喚起されていますがどこのマンションから逃げたのかと言う情報はなく、周辺の方も注意のしようがありません。蛇を買っていたマンションはどこだったのでしょうか? 

tadatabilife.hatenablog.com

 

ニュースの影像から特定 

ニュースの影像から見るとセナグリーンゴルフが見えます。その付近のマンションだと思われます。周辺にはたくさんの報道陣と警察車両や警察犬がきています。

 

 

 

 飼い主が取材に応じて謝罪しました

飼い主によりますと、ヘビは、ガラスと木でできたケージの中で飼われていて、飼い主が帰宅するとケージの鍵が壊れており網戸にしていた窓があいていたということです「近隣の方と同じような趣味を持っている方も含めて、ご迷惑をおかけしてしまっているところなんですけど、どうにか解決の方に動いていきますので」とコメントしてます

ちなみにこの他にもヘビを飼育しているようで、今回逃げたヘビは2番目に大きなヘビだったそうです。1番大きなヘビでなくて良かったです 

 

 

 

へびを見かけた人は危険ですので捕獲などしないで情報提供は、神奈川県警戸塚警察署までお願いします。もしニシキヘビに遭遇した場合でも、驚かせたり、踏んだりしなければ、人を襲う可能性は少ないそうです「見つけた場合は触らずにゆっくり遠ざかって」と京都大理学研究科の森哲准教授が、遭遇時の対応方法を呼びかけています。またアミメニシキヘビは暑いい気候(28度前後)を好んでおり、暑くなると活動も活発になる可能性もあります。
045-862-0110

 

置くだけでヘビがちかよらない!

これで安心です

レインボー薬品 ヘビレス お徳用 900g

新品価格
¥811から
(2021/5/9 01:00時点)

気休めかもしれませんが、あれば安心です

 

 

 

 

 

 

 

横浜市戸塚区名瀬町のマンションから特定動物アミメニシキヘビが脱走!

横浜市戸塚区名瀬町のマンションから特定動物アミメニシキヘビが脱走!

5月6日午後9時25分頃、神奈川県横浜市戸塚区のアパートの2階から動物愛護法で特定動物に指定されているアミメニシキヘビ体長約3メートル50、幅約10センチがベランダの窓から逃げたと飼っていた男性から神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3158−1にある戸塚署に連絡がありました。現在警察官2人がパトカーで巡回して探しているようです。

 

 

 

 

 

5月6日午後9時25分頃に飼っている男性から「飼っているヘビがいなくなった」と戸塚署に通報があり同署ではパトカーで周辺を捜しています。男性は5月6日午前8時頃に外出し、午後9時頃に帰宅した際、ヘビがいないことに気づきました。開いていたベランダの窓から屋外に出たとみられています。大きさは体長約3メートル50、幅約10センチのアミメニシキヘビで、毒はありませんが世界最大級のヘビで動物愛護法で特定動物に指定されています。

大人の猫などは丸のみされてしまう大きさだそうです。小型犬も危険ですので近隣の散歩など注意してください。

 ※こちらの影像は猫が食べられる映像が含まれます。お子さんや気の弱い方は絶対に見ないでください!

ステイホームに効果?

ちょっと不謹慎な気もします。 

 

 

 

特定動物を飼育する場合守るべき基準

飼育する場合守るべき基準

飼育する場合守るべき基準

今回脱走したニシキヘビは体重約13キロで黄色をしているようです。飼い主の男性は2017年に横浜市動物愛護センターに対し、飼う施設を申請して許可を受け2017年7月ごろからマンション2階の居室で飼育していたようです。2020年6月に改正があり、愛玩目的で新たに飼育することは禁止されましたが現在飼っている個体については、繁殖は認められないものの、死ぬまでは飼育してもいいとされていたようです。

守るべき基準の概要は以下の通りです。

1.飼養施設の構造や規模に関する事項

一定の基準を満たした「おり型施設」などで飼養保管する
逸走を防止できる構造及び強度を確保する
2.飼養施設の管理方法に関する事項

定期的な施設の点検を実施する
第三者の接触を防止する措置をとる
特定動物を飼養している旨の標識を掲示する
3.動物の管理方法に関する事項

施設外飼養の禁止
マイクロチップ等による個体識別措置をとる(鳥類は脚環による識別も可能)

www.env.go.jp

 

 

横浜市戸塚区名瀬町ニシキヘビの逃げたエリア 


近隣には注意喚起されていますがどこのマンションから逃げたのかと言う情報はなく、周辺の方も注意のしようがありません。蛇を買っていたマンションはどこだったのでしょうか? 

tadatabilife.hatenablog.com

 

ニュースの影像から特定 

ニュースの影像から見るとセナグリーンゴルフが見えます。その付近のマンションだと思われます。周辺にはたくさんの報道陣と警察車両や警察犬がきています。

 

 

 

 飼い主が取材に応じて謝罪しました

飼い主によりますと、ヘビは、ガラスと木でできたケージの中で飼われていて、飼い主が帰宅するとケージの鍵が壊れており網戸にしていた窓があいていたということです「近隣の方と同じような趣味を持っている方も含めて、ご迷惑をおかけしてしまっているところなんですけど、どうにか解決の方に動いていきますので」とコメントしてます

ちなみにこの他にもヘビを飼育しているようで、今回逃げたヘビは2番目に大きなヘビだったそうです。1番大きなヘビでなくて良かったです 

 

ヘビを見かけたら警察へ連絡

横浜市で脱走した3.5mのニシキヘビが見つからない理由が衝撃的

飼い主が警察の方と一緒にヘビを探しています。近隣の方から文句を言われて謝ったり逆に励まされたりもしています。早く見つかるといいですね!

 

へびを見かけた人は危険ですので捕獲などしないで情報提供は、神奈川県警戸塚警察署までお願いします。もしニシキヘビに遭遇した場合でも、驚かせたり、踏んだりしなければ、人を襲う可能性は少ないそうです「見つけた場合は触らずにゆっくり遠ざかって」と京都大理学研究科の森哲准教授が、遭遇時の対応方法を呼びかけています。またアミメニシキヘビは暑いい気候(28度前後)を好んでおり、暑くなると活動も活発になる可能性もあります。
045-862-0110

 

この飼い主は5月15日引っ越ししました。どこに引っ越ししたのでしょうか

気になる記事はこちら

tadatabilife.hatenablog.com

置くだけでヘビがちかよらない!

これで安心です

レインボー薬品 ヘビレス お徳用 900g

新品価格
¥811から
(2021/5/9 01:00時点)

気休めかもしれませんが、あれば安心です