日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

激安中古車に注意!豪雨災害で売られた水没車両の見分け方!

f:id:tadatabilife:20200710130818p:plain

買ってはいけない水没車両の見分け方

ここ数年、自然災害が猛威を振るって豪雨や浸水災害などが多く発生しています。買ったばかりの新車でも1度水に浸かってしまうと故障が多く発生したり、修理費用にお金がかかったりするケースがあり泣く泣く処分されるケースも多くあります。そんな車両が中古車市場で今後増えてくる可能性もあります。購入時には充分なチェックが必要です。

 

水没車はどうしていけないのか?

  • 洪水や河川の氾濫した水は汚水などが混じり衛生上良くない
  • 電気系など障害を起こしやすくなる
  • フロアーや下回りに錆が発生しやすくなる
  • 下取り時に査定評価が著しく悪くなる

 

 

f:id:tadatabilife:20200710132620p:plain

水没車の見分け方

水没車などという表記は店頭ではまずしません。

ではどのように見抜けばよいのでしょうか?

水没車の見分け方

  • 市場価格より極端に安く販売されている
  • フロアーカーペットやシート生地などに、しみがないか?
  • シートベルトなどを全開引き出した時に色ムラが無いか?
  • 点検記録簿や取り扱い説明者にしみが無いか?
  • 前オーナーの居住地が災害地ではないか?
  • ヘッドランプやテールランプに湿気がないか?
  • 塗装などに上下でムラが無いか?
  • 店員に水没車じゃないか確認する

水没車に限らず安い車は要注意

水没車に限らず安い車にはいくつかの理由があります

  • 年式が古い
  • 走行距離が多い
  • 修復歴がある(事故車)
  • 色が不人気
  • 故障個所がある

年式が古い車や走行距離が多い車でも定期的にメインテンスがされている車は逆に買いです。また修復歴があっても性能上問題ないレベルならお買い得な場合もあります。

修復歴のある車両の場合は出来る限り試乗させてもらうと良いです。特に注意する点はハンドルの復元性と直進性に違和感がないか?また雨漏れなども無いかチェックする必要があります。

 

f:id:tadatabilife:20200725123300j:plain

女子にも人気!レンタカー回送のお仕事

ブログの紹介

当ブログはレンタカー回送ドライバーの筆者がそのお仕事内容を紹介させていただいているブログになります。新型コロナウイルス感染拡大以降、旅行業界の業績低迷がレンタカー需要にも直結するため、安全に旅行ができることを大前提に記事を書かせていただきました。新型コロナウイルスの1日も早い終息と旅行業界の景気回復を心からお祈りしています。

  

レンタカー回送のお仕事を5分間の動画で紹介

レンタカー回送とはレンタカーを利用されたお客様が借りた店舗と違うお店に車を返却した場合に発生する「乗り捨て」車両を元の店舗に運転して回送するお仕事です。全国の観光地を巡ったり働きながら旅行気分が味わえるお仕事です 

 

 

回送ドライバーとはお客様が乗り捨てられたレンタカーを元の店舗に運転して戻すお仕事です。興味のある方はぜひ動画をごらんください。

 

tadatabilife.hatenablog.com

 

 コロナ対策が安心な宿の紹介

 

コロナ対策が安心なホテル専用の予約サイトです。あなたにぴったりの宿泊先がみつかる 旅行予約サイト「こころから」 宿・ホテルの写真やアメニティなどの情報がたっぷり充実。 お得な割引価格で予約することができます

 

スマホでかんたん旅行予約「こころから」

 

どこか"旅行に行きたい方にオススメ宿、ホテルをご紹介!  

■おすすめホテル ・『聖地の旅・世界遺産』もっと和歌山にきてよ! ⇒癒しの聖地・スピリチュアルスポット! ・日本の旬 沖縄 ⇒お得なプランがゾクゾク登場! ・京都・おかみさん特集 ひだまりの ⇒ひだまりのような空間へご招待いたします。

 

ビジネス、高級旅館!国内宿泊なら、るるぶトラベル!