日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

動画映像!東京オリンピック女子マラソン視覚障害の道下美里選手が金メダル!

動画映像!東京オリンピック女子マラソン視覚障害道下美里選手が金メダル!

動画映像!東京オリンピック女子マラソン視覚障害道下美里選手が金メダル!

9月5日東京オリンピックは最終日、陸上のマラソンが行われ、視覚障害の女子で世界記録保持者の道下美里さん44歳が3時間50秒で金メダルに輝きました。前回リオデジャネイロ大会では惜しくも銀メダルでしたが「5年前の忘れ物を取りに行こうとスタートラインに立った」という道下選手は「これが夢に見た舞台。幸せな思いでテープを切った」と、ゴールの瞬間を振りました。

 

 

 

 

道下美里選手は序盤から先頭集団を走り、20キロ付近からはロシアのエレーナ・パウトワ選手との一騎打ちになり30キロ付近でスパートをかけて一気に勝負を決めました。

 

 

 

 

リオから5年。圧倒的な実績を積み上げてきた道下美里選手は2017年12月に2時間56分14秒の世界新記録を樹立し2020年2月、当初は東京大会前、最後のマラソンと位置付けていた別府大分毎日で、自身の世界記録を更新した。上り調子の中、夢舞台は1年延期に。それでも進化は止まらない。同年12月には記録を2時間54分13秒にまで縮めました

 

 

 

年齢からも、ベテランといわれていましたが、なお成長を続けてきました。成長を支えやのは、飽くなき意欲だそうです。中学2年生で右目を失明し、その後、左目の視力も悪化しましたが、わずかに残った視野で「真っすぐという感覚がつかめなくて、ちょっとずつ体が傾いてしまう」という苦しみを乗り越えてきました。バランスを修正できるように工夫した筋力トレーニングでフォームを安定させ、アップダウンのコースでの練習で心肺機能も高めてきた。リオの悔しさを胸に秘め、「最高の準備をして、思い通りのレースができた」というこの日を「パラレコードもかなえたし、今日は集大成のレースができた。欲をいえば、サブスリー(3時間切り)で終わりたかった」と振り返りました。

 

 

東京ではレースが始まる朝方から雨が降っていましたが、道下選手が国立競技場のゴールテープを切った時には、明るい日が差しました。