日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

東京オリンピック柔道ジョージア代表選手!銀メダリストがコロナ対策違反で参加資格無効

東京オリンピック柔道ジョージア代表2選手!銀メダリストがコロナ対策違反で参加資格無効

東京オリンピック柔道ジョージア代表選手!銀メダリストがコロナ対策違反で参加資格無効

7月31日、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、東京都晴海の選手村に滞在していた東京オリンピック柔道ジョージア代表選手の銀メダリスト2人が観光目的で外出したため、大会参加資格証アクレディテーションを剝奪したと明らかにしました。メダルも剝奪になるのでしょうか?

 

 

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は対象の人数や国名などは明らかにしていませんが、ジョージアのオリンピック委員会(GNOC)は資格証を剝奪されたのは同国の柔道の男子2選手と発表しました。

 

 

コロナ対策違反で参加資格無効になったのは、66キロ級日本の阿部一二三選手に決勝で敗れたバジャ・マルグベラシビリ選手と73キロ級大野将平に敗れたのラシャ・シャフダトゥアシビリ選手で、いずれも銀メダリストです。

 

 

組織委によると、大会が始まって以降、参加資格の剝奪は初めてで新型コロナウイルス対策のために行動規範を定めた「プレーブック」では、オリンピックが開幕して以降、チームメンバーが練習と大会出場以外に選手村を出ることを禁止されており選手らの行動は原則、合宿地や選手村、競技会場に限定されていました。

 

 

GNOCによると、男子66キロ級で銀メダルを獲得した27歳のバジャ・マルグベラシビリ(Vazha Margvelashvili)と、男子73キロ級の銀メダリストで29歳のラシャ・シャフダトゥアシビリ(Lasha Shavdatuashvili)は、日本に住む「仲の良い知人の一人」に会うため選手村を出たと話しているそうです。その知人の氏名は明かされていません。

 

 

GNOCは、「彼らが選手村を出るとき、出口で誰にも止められなかった。だから外出できると思ってしまった」「厳しいロックダウン(都市封鎖)の期間があり、大会も毎日大変だから、彼らはリラックスするために、ただ外の空気を少し吸いたかっただけなんだ」両者のアクレディテーションは30日に無効となり、母国に帰るために日本を後にしたと明かしています。メダル自体のはく奪は無かったようです。