日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

東京オリンピックウガンダ選手が詐欺容疑でウガンダ警察に拘束逮捕か

東京オリンピックウガンダ選手が詐欺容疑でウガンダ警察に拘束逮捕か

東京オリンピックウガンダ選手が詐欺容疑でウガンダ警察に拘束逮捕か

7月28日ウガンダ警察は、東京オリンピックの出場枠を逃して日本国内の合宿地から一時逃走し失踪し、三重県四日市市で発見された選手を、7月21日に帰国後拘束し、取り調べを行っていると明らかにしました。選手の家族は釈放を求めているようです。

 

 

重量挙げ男子代表として来日したジュリアス・セチトレコ選手は、オリンピック出場資格を失ったと知り、合宿地から姿を消しました。捜索により発見されたセチトレコ選手は、ウガンダに帰国し政府関係者らは、同選手はカウンセリングを受けると話していました。

 

 

しかし、 家族は同選手が警察に拘束されたと述べ、釈放を求めて裁判所に申し立てを行っているようです。ウガンダ当局は、セチトレコ選手は「詐欺」容疑で取り調べを受けるため拘束されていると説明しています。

 

 

「セチトレコにはそもそも代表団に入る資格がなかったと聞いている。よって警察は、代表団に加わった経緯や彼の行動の背後にいる人物について明らかにしようとしている」と話しているようです。ウガンダの重量挙げ連盟によると、セチトレコ選手は貧しい家庭の出身で、自身初となる五輪出場に向けて、懸命なトレーニングを続けていたそうです。

 

 

選手の窮状をめぐり、ウガンダ国内の反応は二分されている。政府は日本への謝罪を余儀なくされ、外相は今回の問題について「受け入れがたい行為であり裏切りだ」と批判していた。一方、夢破れた若き選手に同情する声も上がっている。ある議員は「セチトレコは犯罪者ではない、少数の特権階級だけを利する経済の被害者だ」と指摘しています。

 

影像!ウガンダの選手が成田空港到着、21日夜に日本から母国へ出発

影像!ウガンダの選手が成田空港到着、21日夜に日本から母国へ出発

7月21日午後5時半すぎ東京オリンピックのウガンダの重量挙げ代表のセチトレコ選手、帰国するために成田空港に到着しました。三重・四日市市で発見されたあと、東京の大使館近くの渋谷警察署に滞在してましただ、21日午後5時半すぎ、帰国のため成田空港に到着しました。

 

 

 

本人は渋谷警察署の中にいましたが、これまでの聞き取りに対して難民申請をしたいという意向を示していたということですがウガンダ大使館は「きょうにも帰国させる」と説得を続けていました

 

 

空港についた様子

 

 

 

 

7月20日、行方不明となっている東京オリンピックのウガンダ代表選手とみられる人物が、重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)とみられる人物は20日午後3時ごろ、三重県警四日市南署で保護されたということです。

 

 

 

捜査関係者によりますと行方がわからなくなっていた、ウガンダ代表で重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)とみられる人物は20日午後3時ごろ、三重県警四日市南署で保護されたということです。

 

セチトレコ選手は16日に大阪の泉佐野市の合宿先から姿を消し、名古屋駅で新幹線を降りて改札を出する姿が防犯カメラの映像に映るなどしていて、警察が捜索を続けていました。

 

 

所在不明だったのは、重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手。捜査関係者によると、名古屋駅構内を歩いている様子がカメラに写っていたそうです。

 

 

泉佐野市などによると、セチトレコ選手は「生活が厳しい国に戻らない。日本で仕事をしたい。残した私物は妻に渡して」という趣旨の書き置きを宿舎に残し、16日に失踪していました。

<

 

 

 

速報!日本テレビニュース

16日正午過ぎ、毎日昼前後に行われているPCR検査をセチトレコ選手が受けなかったことから、泉佐野市の現地調査員がホテルの部屋を確認したところ所在不明となっていることが分かり、警察に行方不明届を出したということです。

 

 

16日の午前0時30分頃には、チームメートがセチトレコ選手の姿を確認しているということです。東京オリンピックの大会の規定では、選手らはホテルと練習場所の移動を除き、外出は認められていません。

 

 

 

 

合宿練習所

ウガンダ選手団は6月19日に成田空港に到着し、9人のうち1人が、空港検疫での検査で新型コロナウイルス感染が確認されました。残りの8人が事前合宿が行われる大阪府泉佐野市に移動しましたが、このうち1人の感染が6月23日に新たに確認されました。

 

 

 

 

練習風景

このため選手団のメンバーは全員ホテルで待機していましたが、感染が確認された2人が療養解除基準を満たし、濃厚接触者の待機期間も終了したことから、7月7日に練習を始めていました。