日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

野口聡一さん着水場所!スペースX「クルードラゴン」1号機がISSから無事帰還米南部のメキシコ湾に着水

野口聡一さん着水場所!スペースX「クルードラゴン」1号機がISSから無事帰還米南部のメキシコ湾に着水

野口聡一さん着水場所!スペースX「クルードラゴン」1号機がISSから無事帰還米南部のメキシコ湾に着水

アメリカテキサス州オースティン日本人宇宙飛行士の野口聡一さんなど4人を乗せて国際宇宙ステーション(ISS)から帰還した米スペースX建造の宇宙船「クルードラゴン」1号機が現地時間の2日未明、米南部のメキシコ湾にパラシュートで着水しました。

 

 

 

野口さんと米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士マイケル・ホプキンスさん、ビクター・グローバーさん、シャノン・ウォーカーさんの4人は4月30日にクルードラゴンに乗り込み、幅約4メートルのカプセル形の船内で一夜を過ごしました。同船はエンジン噴射から大気圏突入準備まで一連の作業を完全自律式で行ったようです。

 

クルードラゴンは米東部標準時の2日午前2時ごろ大気圏に突入し、パラシュートを展開して速度を減速、午前2時56分、フロリダ州パナマシティー沖の海上に着水しました。 

 

米国企業が建造した宇宙船でISSに向かった宇宙飛行士の帰還は、スペースXとNASAにとって画期的な出来事だったようです。クルードラゴン1号機の宇宙滞在期間は過去最長の5カ月を超えました。

 

クルードラゴンを使って宇宙飛行士が帰還したのは、昨年8月に打ち上げられたデモ2号機に次いで今回が2度目です。海上では船舶が待機して、着水したクルードラゴンを回収した。回収を急がなければ、波に揺られて中にいる宇宙飛行士たちが重い船酔いを起こす恐れがあったようです。

国際宇宙ステーション

国際宇宙ステーション(ISS)は、地上から約400km上空に建設された巨大な有人実験施設です。1周約90分というスピードで地球の周りを回りながら、実験・研究、地球や天体の観測などを行っています。

きぼうについてもっと詳しく知りたい方はこちら