日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

有吉弘行、中田翔システム痛烈皮肉「宮迫闇営業の次の日に太田プロで謹慎無し」

有吉弘行、中田翔システム痛烈皮肉「宮迫闇営業の次の日に太田プロで謹慎無し」

有吉弘行、中田翔システム痛烈皮肉「宮迫闇営業の次の日に太田プロで謹慎無し」

お笑いタレントの有吉弘行さんが8月22日、JFN系ラジオ「SUNDAY NIGHT DREAMER」に出演し。日本ハムからトレードで巨人に移籍した中田翔内野手について中田翔システムなら「宮迫さん闇営業の次の日に太田プロ来たら謹慎無し」と痛烈皮肉発言に世間が納得しました

 

 

有吉は中田選手に対して「まあ、反省して頑張ってもらうしかない」としたうえで「TKOの木下隆行さんも、ペットボトル投げつけた後すぐ太田プロ来ればよかったんだよな。すぐ出れるだろ。謹慎しなくても。宮迫さんとかもそうじゃないの? 闇営業して次の日、太田プロ来てたら、もう出れたじゃん。「中田翔システム」だったら。後輩ぶん殴っても、球団うつったら出れるって」と芸能界との“慣例”の違いに違和感を訴えた。

 

 

有吉は「日ハムでは無期限謹慎みたいなこと言われてたんだよ。今シーズンは無理かなあって思ってたじゃん、俺らも。でも今年調子悪かったし、まあまあそれぐらいいいのかなあって思ってたら、巨人行って、いきなりその日から出ま~すって。わかんないけどルールが。やられたほうの気持ちはあるだろうな」と首をかしげたようです。

 

 

 中田翔選手の暴力事件

日本ハム中田翔が暴力行為!被害選手は誰?同僚選手名は? 

日本ハム中田翔が暴力行為!被害選手は誰?同僚選手名は? 

日本ハムの中田翔内野手は8月4日に函館で行われたエキシビションマッチDeNA戦の試合開始前、同僚選手ひとりに対して暴力行為を行ったことが判明し球団は試合中に中田選手を球場からの退場と自宅謹慎を命じるとともに、調査を実施したようです。暴力を受けた同僚選手はだれだったのでしょうか。

 

 

 

 

8月11日までに中田選手本人と該当行為を受けた選手、事情を知る選手、スタッフらに対して詳細な調査を実施したところ、行為を受けた選手からは大事にしたくない旨の申告があり、中田自身も深く反省していたということで選手名は明らかになっていません。中田選手は当面の間、1、2軍すべての試合の出場停止処分を通達されたようです。

 

 

 

 

8月4日のDeNA戦に出場した選手

  • 淺間大基選手
  • 西川遥輝選手
  • 髙濱祐仁選手
  • 中田翔選手
  • 王柏融選手
  • 石井一成選手
  • 石川亮選手
  • 鶴岡慎也選手
  • 郡拓也選手
  • R.ロドリゲス選手
  • 中島卓也選手
  • 杉谷拳士選手、
  • 加藤貴之投手
  • 玉井大翔投手
  • 秋吉亮投手
  • 堀瑞輝投手
  • 杉浦 稔大投手

※ただ暴力があったのは試合前 との報道もありますので出場した選手以外だったのかもしれません。

 

 

 

どんな状況で暴力を行ったのか?

 

 川村社長のコメントでは「一定の会話を行っていた中、中田選手が突発的に腹を立てて、手を出した。被害を受けた選手に落ち度はない。幸いにして被害者についてはプレーに支障はない」と説明しています。「本来はチームの中で懇意(親しい間柄)な2人だったと聞いている」と話しています。

 

 

 

川村浩二代表取締役社長兼オーナー代行は「このたびの中田選手の出場停止処分に際して、ファンの皆様、関係者の皆様にご心配をおかけしますこと、ご不快な思いをさせますことに、深くおわび申し上げます。暴力はいかなる社会であれ、決して許されるものではありません。ましてや中田選手は球団の主力選手であり、顔であって、全ての選手の模範とならなければならない存在です。中田選手が行った行為は、プロ野球が青少年の健全な育成に寄与し、夢を与えるエンターテインメントでもあることの信頼を著しく傷つけるものです。そのため、当球団はこの行為に対して野球協約に則り、厳正な対応をとることとしました。併せまして、暴力は決して許されないことを全ての球団関係者に再徹底し、選手についてはさらなる教育と指導を通じて、コンプライアンスおよびスポーツマンシップの向上を遂げることにより、ファンの皆様の信頼回復に努めてまいります」とコメントしています。

 

 

 

 

 

 

普段から暴力は日常的だったのか?

暴力行為 決定的瞬間映像

中田選手は試合中などでも以前から杉谷選手にちょっかいを出すシーンがありましたがこれは行き過ぎのようにも思えます。暴力があったのが試合前だったのに、試合途中で退場させらたということは、注意を受けていたにもかかわらず、またちょっかいを出してしまったのかもしれません。被害にあったのは、入団6年目の27歳投手の井口和朋選手と報じられています

 

 

 

統一選手契約書 第17条(模範行為)

「選手は野球選手として勤勉誠実に稼働し、最善の健康を保持し、また日本プロフェッショナル野球協約、これに附随する諸規程ならびに球団の諸規則を遵守し、かつ個人行動とフェアプレイとスポーツマンシップとにおいて日本国民の模範たるべく努力することを誓約する」

 

 

 

野球協約

第60条(1)出場停止選手と出場停止選手名簿(サスペンデッド・リスト)

「球団、あるいはコミッショナー、又はその両者は、その球団の支配下選手に対し、不品行、野球規則及びセントラル野球連盟、パシフィック野球連盟それぞれのアグリーメント違反を理由として、適当な金額の罰金、又は適当な期間の出場停止、若しくはその双方を科すことができる。球団、あるいはコミッショナー、又はその両者によって出場停止処分を科された選手は、コミッショナーにより出場停止選手として公示され、出場停止選手名簿に記載される。出場停止選手は、出場停止期間の終了とともに復帰するものとする。(後略)」