日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

東京オリンピック開会式で天皇と並んだバッハ会長を不敬と批判殺到!不敬罪とは?

東京オリンピック開会式で天皇と並んだバッハ会長を不敬と批判殺到!

東京オリンピック開会式で天皇と並んだバッハ会長を不敬と批判殺到!

7月23日午後8時から国立競技場で開催された東京オリンピックの開会式で来賓が入場する際に天皇とバッハ会長が並んで入場したことに対して不敬とネット上では批判殺到しているということが話題になっているようです!

 

 

 

 

 

 

天皇陛下の開会宣言

 

 

 

バッハ会長のスピーチ

また天皇陛下の挨拶が12秒だったのに対してバッハ会長と橋本会長のスピーチが長かったという声もあがっています。当初の予定では開会式は午後11時終了予定でしたが、新型コロナウイルス対策で選手間の距離が2メートル必要になったため、30分延長となったとしていますが、大会組織委員会の橋本聖子会長と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長のスピーチが約9分を予定していたところ、大幅に超過して約20分を要したことが主原因とみられる

 

 

 

 

不敬罪とは? 

不敬罪(ふけいざい)は、国王や皇帝などの君主・王族・皇族の一族と宗教・聖地・墳墓などに対し、名誉や尊厳を害するなど、不敬とされる行為の実行により成立する犯罪。日本国内においては、1947年(昭和22年)の刑法改正により、天皇・皇后および皇族に対する不敬罪は廃止された

不敬罪 - Wikipedia