日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

広島カープ、菊池、小園、正随がコロナ感染

f:id:tadatabilife:20210518003136j:plain
広島は17日、菊池涼介内野手(31)、小園海斗内野手(20)、正随優弥外野手(25)の3選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。



菊池涼はこの日、39・8度の発熱があり、PCR検査を受けたところ、陽性が確認された。これを受け、佐々岡監督をはじめ、1軍コーチ、選手、スタッフ74人にPCR検査を実施。70人は陰性だったものの、小園、正随の2人が陽性と判定され、さらに2人が判定を待っている状況という。菊池涼は現在発熱の症状があり、保健所の指示で自宅療養。小園、正随はともに無症状で体調に異常はなく、現在自宅で待機している。



管轄保健所から濃厚接触者に該当する選手はいないとされたが、球団独自の判断で大事を取り選手を入れ替えて、18日からの巨人2連戦(東京ドーム)に臨む予定にしている。



この日、マツダスタジアムでは午前11時から予定されていた投手指名練習を30分遅れで開始。午後には防護服を着た清掃員が一塁ベンチに入って消毒作業を行うなど慌ただしく対応に追われた。