日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

動画映像!JR西日本岸辺駅で「撮り鉄」男性駅員の胸ぐらをつかんだ動画続き

動画映像!JR西日本岸辺駅で「撮り鉄」男性胸ぐらをつかんだ動画続き

動画映像!JR西日本岸辺駅で「撮り鉄」男性胸ぐらをつかんだ動画続き

8月23日大阪府吹田市のJR西日本岸辺駅で「撮り鉄」の男性が、駅員に注意されたことに逆ギレし、胸ぐらをつかんでいる様子が撮影されている動画がツイッターで拡散されて、問題となっています。なぜ撮り鉄の少年は駅員さんの胸ぐらをつかんだのでしょうか?その後どこへいったのでしょうか?続きの動画はあるのでしょうか

 

 

動画には、鉄道を撮影する「撮り鉄」の男性が、駅員に注意されたことに逆ギレし、胸ぐらをつかんでいる様子が撮影されています。動画をみると注意された男性は駅のベンチの上に靴を脱いで乗って撮影しようとしているようです。おそらくそれを危ないと注意されたのではないでしょうか?

 

 

 

その後男性は駅のホームを走って逃げていきましたが駅員さんは追ってはいかなかったようです。この続きの動画はあるのでしょうか?

 

 

 

 

JR西日本によると、この日は廃車となる列車が走るところを撮影しようと、多くの鉄道ファンがホームに集まっていたようです。このため、JR西日本では午前7時から地区駅長など応援の駅員4人をホームに待機させて、撮影の際にはルールやマナーを守るよう呼びかけていました。

 


しかし、廃車となる列車が岸辺駅を通りかかる寸前の7時20分過ぎに、別の電車で移動してきた20人~30人の鉄道ファンがホームに合流しそのうち1人の若い男性が、撮影場所の確保のためにベンチに乗ったところ警備にあたっていた地区駅長が乗客らの安全のため注意すると、若い男性が胸ぐらをつかんできたということです。

 

 

その後、地区駅長が若い男性に対し、なぜ注意をしたのか説明して、理解を求めたようです。JR西日本では、「今回は理解していただけたということで、被害届は出していません。ルールを守ってご利用いただきたいと思います」と話している。

 

 

近年、鉄道員に対する暴力行為が社会問題化している。2019年には全国で611件発生した。こうした事態を受け、国土交通省は鉄道各社と「迷惑行為に関する連絡会議」を立ち上げ、暴力行為の撲滅に乗り出しています