日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

メルセデス!ダブルストップでラッセルタイヤの取り違え2万ユーロの罰金!瞬間映像!

メルセデス!ダブルストップでラッセルタイヤの取り違え2万ユーロの罰金!瞬間映像!

メルセデス!ダブルストップでラッセルタイヤの取り違え2万ユーロの罰金!瞬間映像!

メルセデス、ダブルストップでピットが大混乱しラッセルにボッタスのタイヤをつけてしまい、作業にロスが発生し順位を9位まで落としました。メルセデスはサヒールグランプリでラッセルタイヤの取り違えに対して2万ユーロの罰金を科しました

 

 

 

 

海外の記事をグーグル翻訳で訳したので変な日本語ですみません!原文がこの下にあります。ので英語がわかる方はそちらをご覧ください 

記事内容

ジョージラッセルは、ピットストップ中に間違ったタイヤをブリトンの車に装着した後、スチュワードがメルセデスに失格ではなく罰金を科すことを選択した後、F1キャリアの最初のポイントでサキルグランプリを去ります。

ラッセルは、イベントの前にCovid-19で陽性を示したルイス・ハミルトンの代理を務め、バーレーンでのレースを支配しており、サヒールのユニークなアウターループレイアウトで目覚ましい初勝利を収めることはできませんでした。

タイヤの問題がラッセルのチャージを台無しにするので、セルジオペレスはサヒールGPでセンセーショナルな乙女の勝利を収めます

しかし、セーフティカーがレースの3分の2に呼び出されたときに、メルセデスがラッセルとチームメイトのバルテリボッタの両方をピットに呼んだとき、混乱が生じ、誤ってボッタのフロントタイヤをラッセルの車に取り付けました。

スチュワードは、ラッセルの乗組員がラッセルの準備をするためのピットウォールの呼び出しを聞いていないことを意味する「無線通信の技術的問題」があると聞きました。同時に、ラッセルからのメッセージがその呼び出しに加えて再生されたためです。

「これは明らかに規則違反であり、通常は失格までのスポーツペナルティを伴うだろう」とスチュワードは判決で述べた。

ラッセルは、サヒールでのメルセデスのピットドラマの後、初勝利が「私たちから2度奪われた」という不信感を表明しています

しかし、FIAはドライバーにペナルティーを科すのではなく、「この場合、上記のラジオの問題に加えて、緩和する状況がある」と言ったため、チームに罰金を科すことを選択しました。

スチュワードは次のように述べています。「まず、チームは1周以内に問題を修正しました。これには、63号車[ラッセル]が別のピットストップを行い、分類をさらに下げることが含まれていました。

「第2に、77号車[ボッタス]はピットストップを行ってタイヤを交換したが、それに取り付けられるフロントタイヤが63号車に搭載されていたため、かなり遅れて発送された。ピットストップまで。これは77号車の最終分類にも影響を及ぼしました。

「スター誕生」は、メルセデスデビューでラッセルの勝利を奪った「巨大な****アップ」の原因を明らかにしたウォルフは言います

「第3に、この種の侵害は、第24.4条b)の第2段落で言及されている「3ラップ許容範囲」(現在、異なる仕様のタイヤの使用のみに言及している)では対応されていませんが、本質的に似ている。

「しかし、規則に準拠してタイヤを装着する責任は、依然としてどのチームにもあるため、ペナルティが必要であると見なされます。FIAは、遅滞なく是正された場合にこの種の違反に対応するために、第24.4条b)の修正を検討することをお勧めします。」

彼らは、「この種の違反は、F1ではこれまで経験されていなかった」と付け加えた。

これは、ラッセルが最初のポイント(9位で2点、ファステストラップで1点)を維持していることを意味し、ドライバーズチャンピオンシップで18位になりました。バーレーンのフロントでの彼の印象的なショーは、彼がルイスハミルトンまたはボッタス以外の誰よりも2020年に多くのラップをリードしたことを意味します。

私たちは今、彼がアブダビのメルセデスで2度目のチャンスを得るかどうかを待ちます。

 

 

Mercedes handed €20,000 fine for Russell tyre mix-up in Sakhir Grand Prix

 

George Russell leaves the Sakhir Grand Prix with the first points of his Formula 1 career, after the stewards opted to give Mercedes a fine – rather than disqualification – after they fitted the wrong tyres to the Briton’s car during a pit stop.

Russell, standing in for Lewis Hamilton who tested positive for Covid-19 ahead of the event, was dominating the race in Bahrain and looked set not to score a remarkable maiden victory on Sakhir’s unique Outer Loop layout.

READ MORE: Sergio Perez takes sensational maiden win in Sakhir GP as tyre issues ruin Russell's charge

However, when Mercedes called both Russell and team mate Valtteri Bottas into the pits when the Safety Car was called out two-thirds into the race, there was a mix up and they accidentally fitted Bottas’ front tyres to Russell’s car.


The stewards heard that there was a “radio communications technical issue” which meant Russell’s crew did not hear the pit wall’s call to get ready for Russell because at the same time, a message from Russell was played out on top of that call.

“This is clearly a breach of the regulations and would normally involve a sporting penalty up to disqualification,” said the stewards in their ruling.

READ MORE: Russell expresses disbelief that maiden win was 'taken away from us twice' after Mercedes pit drama in Sakhir

However, rather than penalising the driver, the FIA opted to fine the team because they say “in this case there are mitigating circumstances, additional to the radio issue referred to above”.

The stewards said: “Firstly, the team rectified the problem within one lap. This involved Car 63 [Russell] making another pit stop, thus dropping it further down the classification.

2020 Sakhir Grand Prix: Mercedes tell Bottas 'we need to be better'
“Secondly, Car 77 [Bottas] made a pit stop to change tyres only to find that the front tyres to be fitted to it, were on Car 63, so was sent out after considerable delay, with the tyres that were on Car 77 prior to the pit stop. This also impacted the final classification of Car 77.

READ MORE: 'A star is born' says Wolff, as he reveals cause of 'colossal **** up' that robbed Russell of victory on Mercedes debut

“Thirdly, although this type of infringement is not catered for under the “three-lap tolerance” referred to in the second paragraph of Article 24.4 b) (which currently only refers to the use of tyres of differing specifications), we consider it to be similar in nature.

“However, the responsibility to fit tyres in compliance with the regulations, still rests with any team and thus a penalty is considered as being required. It is recommended that the FIA consider amending Article 24.4 b) to accommodate this type of breach when it is rectified without delay.”

They added that “this type of breach has not previously been experienced in Formula 1.”

It means Russell keeps his first points - the two he scored for ninth, plus the one for fastest lap - moving him into 18th in the drivers’ championship. His impressive showing at the front in Bahrain means he has now led more laps in 2020 than anybody other than Lewis Hamilton or Bottas.

We now wait and see whether he will get a second chance at Mercedes in Abu Dhabi.