日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

バイデン大統領誕生!米商務省TikTok ティックトックを解禁か!

バイデン大統領誕生!米商務省TikTok ティックトックを解禁!

バイデン大統領誕生!米商務省TikTok ティックトックを解禁!

アメリカ大統領選ではバイデン氏が当選濃厚となった!そんな中、バイデン氏は同盟国と緊密に協力し、中国に協調行動を取らせると約束しています。

 

 

 

TikTok利用禁止措置見送り

アメリカ商務省は12日、この日予定していた中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用禁止措置の発動を見送ると発表しました。連邦地裁が10月に下した禁止措置の一時差し止めに応じました。トランプ政権からバイデン政権への移行で、求めてきたティックトックの米事業再編の動きに影響を与えるとみられています。

ティックトックは引続き利用可能

商務省は連邦地裁の判決に従い「今後の法的な進展を待っている間」は禁止措置を実施しないと説明した。ティックトックは引き続き利用可能な状態が続くことになる。

連邦地裁が差し止

トランプ米大統領は8月、中国政府への情報流出を懸念し、ティックトックの米事業を90日以内に売却するよう命じました。商務省は早期決着を迫るため、2段階に分けて制裁措置を計画してきました。9月に新規ダウンロードなどを、今月12日に全面的な利用を禁止する方針でしたが、連邦地裁がいずれも差し止めた模様です。米政府は差し止めを不服として連邦高裁に上訴しているようです。

米事業を巡っては、ティックトックを運営する中国IT企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)が、米ソフトウエア大手オラクルなどと提携交渉を続けているが難航しているもようだ。