日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

ファッションデザイナーの三宅一生さんが死去!お通夜告別式お葬式お別れ会偲ぶ会の日程

ファッションデザイナーの三宅一生さんが死去!お通夜告別式お葬式お別れ会偲ぶ会の日程

ファッションデザイナーの三宅一生さんが死去!お通夜告別式お葬式お別れ会偲ぶ会の日程

ファッションデザイナーの三宅一生さんが8月5日に84歳でがんで死去されました。お通夜、告別式、葬儀、葬式、お別れ会、偲ぶ会の日程はいつでしょうか?

 

 

 

 

三宅一生さんは広島県生まれで多摩美術大学を卒業後、フランスに渡り伝統的な高級注文服の技術やデザインを学んだそうです。その後にニューヨークでも修業を積み1970年に三宅デザイン事務所を設立してからブランド「イッセイミヤケ」をスタートさせ73年にパリコレクションに初めて参加しました。

お通夜葬儀の日程

 

 

「1枚の布」という和服などの伝統から発想した服作りで注目を集め代表作の「プリーツプリーズ」は、細かいひだ飾りが全面に施されている洗練されたデザインで現在も世界中で支持されているそうです。洋服の既成概念を打ち破る斬新な作品は高く評価され、世界各地の美術館に収蔵されているほか、展覧会も開催されてきました。

 

 

 

99年10月に自身の名が付いたブランド「イッセイミヤケ」は、後進に引き継いだが、その後も精力的に活動を続けた。2007年に日本初のデザインミュージアム「21_21(トゥーワン・トゥーワン)デザインサイト」を開設し、ディレクターに就任。再生繊維を使った新しい服作りのデザインを手掛けるなど、「生涯現役」を貫いたそうです。

 

 

 

09年、核廃絶を訴えたオバマ米大統領の演説に感銘し、米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿。それまでほとんど語ることがなかった自らの被爆体験を明かし、大統領の広島訪問を呼び掛けた。10年に文化勲章、16年に、フランスのレジオン・ドヌール勲章のコマンドゥール(勲三等)を受章した。同年、東京・六本木の国立新美術館で大規模な個展を開いたそうです。近年は表だった活動を控えていたが、新型コロナウイルスの感染拡大後も、傘下ブランドの新しいプロジェクトの動向を気に掛け、自宅からスタッフにアドバイスを送るなどしていたそうです。

news.yahoo.co.jp