日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

大学入学共通テスト不正撮影流出の19歳女性が香川県内の警察署に出頭

大学入学共通テスト不正撮影流出の19歳女性が香川県内の警察署に出頭

大学入学共通テスト不正撮影流出の19歳女性が香川県内の警察署に出頭

今月1月15日16日に行われた大学入学共通テストの「地理歴史」の問題が試験中に撮影されて外部に送られ流出した問題で1月27日19歳の女性が香川県内の警察署に出頭し、「私がやりました」などと話していることが分かりました。女性は大阪府内の試験会場で受験したとみられ、警視庁は今後、本人から詳しいいきさつを聞いています。

 

 

 

不正があったのは今月15日と16日に行われた大学入学共通テストで15日午前中に試験があった「地理歴史」の中の世界史の問題用紙が試験中に撮影されてインターネット経由で外部に送られていたようです。警視庁は捜査で家庭教師紹介サイトを通じて依頼を受けた東京大学の学生など少なくとも2人が共通テストの問題とは知らずに解答したということです。

 

 

 

警視庁は、この件を試験を妨害した偽計業務妨害の疑いで捜査をしていましたが27日午前中に受験生とみられる19歳の女性が香川県内の警察署に出頭したという情報が入りました。警察には本人から電話があり出頭してきたようで「ニュースで報じられている件は私がやりました。お母さんと相談して警察に連絡することにしました」などと話しているようです。また、本人の話などから大阪府内の試験会場で受験したとみられています。

 


今回の問題が発覚した経緯は、NHKのニュースによりますと文部科学省に寄せられた情報がきっかけで今月15日と16日に行われた大学入学共通テストのうち、15日の午前中に行われた「地理歴史」の中の世界史の問題用紙が試験中に撮影されて外部に送られ、不正が行われたという内容だったようです。

 

 

この情報提供者は東京大学の学生で、家庭教師の紹介サイトで知り合った受験生とみられる人物から問題用紙の画像が送られてきたため解答したものの、その後共通テストの試験中に実際の問題が送られていたことに気付いたということのようです。また、SNS上にも受験生とみられる人物から送られてきたという問題用紙の画像が投稿されていて、大学入試センターは詳しい経緯の確認を進めるとともに、警視庁に相談しました。