日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

東京オリンピッククロスカントリーで競技馬安楽死!競技中に損傷し予後不良

東京オリンピック総合馬術で競技場安楽死!競技中に損傷し右下肢に回復不可能な靱帯断裂

東京オリンピック総合馬術で競技場安楽死!競技中に損傷し右下肢に回復不可能な靱帯断裂

8月1日海の森クロスカントリーコースで開催された東京オリンピック総合馬術で競技馬が安楽死となる右下肢に回復不可能な靱帯断裂が起こり予後不良で安楽死となりましたた

 

 

 

スイスのロビン・ゴーデルが騎乗する14歳の競技馬、ジェットセットが最後の水濠「富士山」を跳んだ後、足に重篤な損傷を受けた。その場で獣医の診察を受けた後、馬専用の救急車で会場内の動物病院に搬送。超音波検査の結果、右下肢の蹄のすぐ上に回復不可能な靱帯断裂が見つかり、人道的な理由からオーナーと選手の同意のもと、安楽死させることとなった。

 

 

 

FEI公式発表

It is with great sadness that we announce that the Swiss horse Jet Set, ridden by Robin Godel has had to be euthanised after pulling up extremely lame on the Sea Forest Cross Country Course during Equestrian Eventing at the Olympic Games Tokyo 2020 on 1 August 2021.

Clear to this point, the 14-year-old gelding, pulled up extremely lame after jumping the final Mt Fuji water complex (fence 20) on the Sea Forest Cross Country Course today.

The horse received immediate veterinary attention at the fence and, after an initial assessment, was transferred by horse ambulance to the onsite Veterinary Clinic.


Sadly, ultrasound scans revealed an irreparable ligament rupture in the lower right limb, just above the hoof, and on humane grounds and with the agreement of the owners and athlete, the decision was taken to put the horse to sleep.

In line with the FEI Veterinary Regulations, samples have already been taken from the horse and a post mortem will be conducted.

inside.fei.org