日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

LINEペイが「GitHub」で13万人の決済情報が2か月間閲覧可能の対象者は誰?

LINEペイが「GitHub」で13万人の決済情報が2か月間閲覧可能の対象者は誰?

LINEペイが「GitHub」で13万人の決済情報が2か月間閲覧可能の対象者は誰?

12月6日、無料通信アプリ大手LINEのキャッシュレス決済子会社LINEペイで、今年9月12日~11月24日の間、利用者約13万人の決済日時や支払金額のデータがインターネット上「GitHub」で閲覧できる状態になっていたと発表しました。対象者はだれでしょうか

 

 

対象者は国内ユーザーで5万1543人で海外を含めると13万3484人が対象になります。

閲覧できた情報

  • LINE内でユーザーを識別するための識別子
  • システム内で加盟店を識別する加盟店管理番号
  • キャンペーン情報

閲覧できなかった情報

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • クレジットカード番号
  • 銀行口座番号

 

 

決済情報の該当期間は、2020年12月26日から21年4月2日までで情報が閲覧できる状態だったのは、21年9月12日午後3時13分頃から11月24日午後6時45分までだそうです。期間中、外部からのアクセスは11件確認されているという。氏名や銀行口座などの情報は直接表記されていないものの、特殊な解析を行うと利用者を特定できる恐れがあるとしています。LINEは「現時点で不正利用などの被害は確認されていない」としている。

 

 


発表によると、LINEペイの委託先会社の従業員が、昨年12月~今年4月に実施したキャンペーン期間の利用者の情報を、ネット上で情報を共有するサービス「GitHub」に誤送信し、外部から閲覧できる状態になっていた。期間は今年9月12日~11月24日で、この間の外部からのアクセスは11件あったそうです。

 

 

 

「GitHub」とは

SMBC問題とは

SMBC問題とは

公開されたのは無料で共有できるオンラインサービスのGitHubに公開されていたそうです。現在は削除され非公開になっているとのことです

GitHubとは

GitHubとはソースコードを共有できるオンラインサービスです。ソースコードとはプログラミング言語を用いて書かれるもので、コンピュータのハードウェアの機械語や仮想機械のためのバイトコードよりも、人間が読み書きするのに適しているコードです。

GitHubは、ユーザのみなさんからヒントを得て作成された開発プラットフォームです。オープンソースプロジェクトやビジネスユースまで、GitHub上にソースコードをホスティングすることで数百万人もの他の開発者と一緒にコードのレビューを行ったり、プロジェクトの管理をしながら、ソフトウェアの開発を行うことができます。

 

tadatabilife.hatenablog.com