日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

山梨県定時制高校歴代生徒会長の名前!山梨県甲府市放火殺人事件

19歳犯人逮捕!山梨県甲府市蓬沢1丁目付近で建造物等放火事件、火災傷害事件の19歳少年の動機目的

19歳犯人逮捕!山梨県甲府市蓬沢1丁目付近で建造物等放火事件、火災傷害事件の19歳少年の動機目的

12日午前3時40分ごろ、甲府市蓬沢1丁目3-19付近の住宅で、何者かが家に侵入し10代の女性に凶器のような物で怪我を負わせた事件で、その後火災が発生し「自宅内に不審な男がいる」と警察に通報があった事件で、山梨県警は13日未明、出頭してきた同市の少年(19)を井上盛司さんの娘に対する傷害容疑で逮捕したと発表しました。少年は被害にあった家の長女と同じ定時制高校の生徒で一緒に生徒会活動をしていたと文春が報じました!

tadatabilife.hatenablog.com


 

少年A19歳は定時制高校に通っていたと報じられています。最近文化祭があったと報じられて山梨のある定時制高校ではなかと言われています。

画像!山梨県定時制高校生徒会

 

 

 

少年は駐在所から警察に電話

少年は12日午後7時ごろ甲府市から遠く離れた駐在所を訪れ、当時は無人だった駐在所から警察署に電話で「人を殺してしまった」と泣きながら打ち明けたようです。すぐにパトカーで駆け付けた警察官が身柄を確保し捜査本部がある南甲府署に引き渡したようです。少年は「事件後に自殺を考えたが死にきれず、誰もいない所で一人で生きていこうと思っていた」という趣旨の供述をしているとのことで山梨県警南甲府署捜査本部は、当初逃走を続ける計画もあったとみて調べています。

 

 

 

 

令和3年5月21日に少年法等の一部を改正で実名報道になりました

4月8日、今月施行された改正少年法で、事件当時18歳と19歳の「特定少年」が正式に起訴された場合、実名での報道が可能となり、検察は「重大な事案で地域社会に与えた影響も深刻」だとして、今回、氏名を公表しました。改正少年法の施行後、初めてです。

www3.nhk.or.jp

動機や目的は何だったのでしょうか?焼け跡から2人の遺体が見つかっていました。火災の原因や放火については警察が少年から任意で事情聴取を始めました。少年は出頭した際「人を殺してしまった」と話していて「一人でやった、間違いありません」と容疑を認め、放火への関与をほのめかしているとのことです。顔にやけどをし、手にけがをしており、病院で治療を受けています。

 

 

 

警察によりますと、通報を受けて駆けつけたパトカーが火事の現場に向かう途中、現場から100メートルほどのところで歩いている男の姿を確認したということです。しかし、このときはパトカーは現場に行くことを優先し声をかけなかったということです。その後、もういちど男を見つけて声をかけたということですが、この時男は逃走して路地に入り、職務質問をすることができなかったということです。娘の目撃情報から少年は長女と同じ高校に通っていた姉の知人で、短めの髪に中肉だったようです

tadatabilife.hatenablog.com

 

 

発表などによると、少年は火災発生直前の12日午前3時45分頃、井上さん方で、井上さんの10歳代の娘の頭を殴ってけがを負わせた疑いで火災は同日午前3時50分頃に発生。井上さん夫婦と連絡が取れておらず、県警が遺体の身元確認を進めていました。県警は現住建造物等放火事件として南甲府署に約80人態勢の捜査本部を設置していた。

 

 

井上さん方は50歳代夫婦と10歳代娘2人の4人暮らしで、出火当時は全員が在宅。同3時半頃、2階で寝ていた妹が人が争うような声を聞き、1階に下りたところ、不審な男と鉢合わせし、逃げた際に後ろから襲われた。娘2人は2階のベランダから外に逃げ、3時45分頃に110番しました。現場はJR甲府駅から南東に約3キロの住宅街でした。

 

 

少年法改正

少年法改正で犯人の扱いは?

少年法改正、犯人の扱いは?

令和3年5月21日に少年法等の一部を改正する法律が成立し,令和4年4月1日から施行されます。この日から,成年年齢を18歳とする民法の一部を改正する法律も施行されます。18・19歳の者は,社会において,責任ある主体として積極的な役割を果たすことが期待される立場になり 今回の少年法改正で,18・19歳の者が罪を犯した場合には,その立場に応じた取扱いとするため,「特定少年」として,17歳以下の少年とは異なる特例を定めています。詳しくは法務省のHPで確認できます

法律はいつから有効か/参議院法制局資料

現行の少年法では「16歳以上の少年が、故意に被害者を死亡させた場合」は、原則、検察官に逆送され、検察が起訴し、刑事処分を受けるようです。今年5月に改正された少年法は、2022年4月に施行が予定されていて改正少年法では、18歳、19歳の少年が起訴されると実名報道が可能になるようです。

 

 

 

どんな事件だったか

山梨県甲府市蓬沢1丁目付近で建物火災「自宅内に不審な男がいる」放火か?

山梨県甲府市蓬沢1丁目付近で建物火災「自宅内に不審な男がいる」放火か?

12日午前3時40分ごろ、甲府市蓬沢1丁目3-19付近の住宅で、この家に住む10代の女性から「自宅内に不審な男がいる」と警察に通報がありました。放火でしょうか?警察と消防が出火原因を調査しています。出火前、争う声を聞いた娘が住宅内で不審な男を目撃、外に避難した後、火災が発生したようです。男はその後、徒歩で逃走したとみられます!

 

 

火事のニュース

近所の人の証言

「こらー何してるんだ」って声しか聞こえなかったから、あとはクラクションの音で。すごい大きい声で怒ったような声だったので」出火の直前に10代の娘2人が争う声を聞いて1階に降りると、不審な男に鉢合わせたということです。娘のうち1人は男に凶器で襲われ、頭を打撲するけがをしたことが分かりました。

 

 

 

警察によりますと12日午前3時40分ごろ、甲府市蓬沢1丁目の2階建て木造住宅で、10代の女性から「自宅内に不審な男がいる」と警察に通報がありました。警察が駆け付けると、住宅が激しく燃えていて、この家に住む10代とみられる姉妹は自力で逃げ出しましたが、50代とみられる父親と母親が逃げ遅れたとみられ、連絡が取れなくなっていて現場からは性別不明の遺体が見つかっています。遺体にはいずれも刃物で刺されたような傷が残っていたとのことです

 

 

 

火災現場 

火災現場は国道20号線から近く身延線も近くに走っています。鉄道への影響はないとみられます!この火事で夫婦2人と連絡が取れなくなっています。現場から男が逃走するのを家族が目撃していて、警察は事件の可能性もあるとみて捜査しています。

 

 

 

 

 

火災現場付近

ニュースの影像をみるとこの通りに規制線が貼られていて入れないようになっています。警察によりますと、逃げ出した姉妹は家の中で見知らぬ男と鉢合わせになり、男はその場から逃走したということです。火は通報からおよそ1時間20分後にほぼ消し止められましたが、全焼とみられています。 

 

続報!

まだ終わっていないもう一人の犯人の行くへは

tadatabilife.hatenablog.com