日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

台風19号が小笠原近海に発生!いつ?予想進路と日本への影響は無し!

台風19号が小笠原近海に発生!予想進路と日本への影響は無し!

台風19号が小笠原近海に発生!予想進路と日本への影響は無し!

10月9日(土)21時現在、ウェーク島近海で熱帯低気圧が発達し気象庁はこの熱帯低気圧について、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。この台風が発生すると「台風19号」と呼ばれます。予想進路からみると日本への影響は低いとみられます。進路次第では小笠原諸島などに風雨の影響を及ぼすことも考えられるため、今後の情報に注意してください。

 

熱帯低気圧 10月9日(土)21時
 中心位置   ウェーク島近海
 移動     西 20 km/h
 中心気圧   1004 hPa
 最大風速   15 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 23 m/s

 

 

 

発達して14日頃小笠原近海へ
気象庁の予報では、この熱帯低気圧は5日先の14日(木)21時には小笠原近海にあって、中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は35m/sで、暴風域を伴った強い勢力に発達していると予想されています。

 

 

 

 

予想進路と影響がでる地域

日本への影響は低いです

台風19号は今後も発達しながら北上し、15日頃には暴風域を伴い、日本の南東に進む見通しです。台風19号は、今後も発達しながら北上し、14日頃から進路を南東に変えて、日本の南東に進む見通しです。世界各国の気象シミュレーションモデルを比較すると、小笠原近海を西進するものと、その手前から北東に向きを変えるものに分かれています。シミュレーション結果の差が大きいことから、進路の不確実性が高い状況と言えます。

再生ボタンで進路をご覧いただけます!この予想進路はリアルタイムで更新されます。ブックマークしてご利用ください

 

 

 

 

素人でもできる天気予想の仕方

https://www.windy.com/

https://www.windy.com/

素人でもできる天気予想の仕方ですが、的中率は皆さんのセンスと経験次第になりますがwindy.comのサイトを見ると大きな流れが見ることができます。天気図など見方が分からない方でも簡単に何時ごろから雨が吹くかなどがほぼ90%の確率で予測できます。一度使い方をマスターすれば当たらない天気予報に腹をたてることもありません

  1. 何時頃から雨が降り出すか
  2. どちらの方向から風が吹くか
  3. 全国の雨の強さや地域などリアルタイムで解る
  4. 無料で誰でも利用できます

www.windy.com

使い方は簡単です

①サイトにアクセスする

②画面下の再生ボタンを押すと時間が進んでいきます

③画面右横の「気温」「雲・雨」「波」「雪」「気圧」に切り替えることができます

④雲の流れや雨の位置を確認すれば何時ころに雨が降るか予想ができます 

※ブログなどに埋め込みも出来ます 

 

 

 

 

10月の台風発生数の平年値は3.4個で、8月や9月に比べると少なくなります。その一方で、強い勢力のまま上陸するケースが多く、油断の出来ない時期といえます。引き続きしっかり台風への備えを行うようにしてください。