日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

大相撲横綱の白鵬が現役引退の本当の理由は親方になり後進の指導へ

大相撲横綱の白鵬が現役引退の本当の理由は親方になり後進の指導へ

大相撲横綱の白鵬が現役引退の本当の理由は親方になり後進の指導へ

2021年9月27日大相撲横綱でモンゴル出身の36歳、史上最多45回優勝の白鵬が現役引退の意向固めていることがわかりました。白鵬が現役引退の本当の理由はなんでしょうか?

 

 

白鷗の引退の理由は痛めた右ひざの状態などから、今後本場所で横綱として15日間土俵を務めることはできないと判断し、現役を引退する意向を固めたと話しているようですが本当の理由はなんでしょうか。

 

 

白鵬はことし5月には、年寄名跡を取得しているため、今後親方になるための正式な手続きは近く行われる見通しだということです。2019年9月には日本国籍を取得し「強いお相撲さんを育てることが1つの恩返しだと思う」と話し将来は親方として後進の指導に当たる意向を示していました。

 

 

白鵬は、右ひざの手術の影響などで休場が続き、2020年11月場所後に横綱審議委員会から「休場があまりにも多い」として「引退勧告」の次に重い「注意」の決議を受けていました。そして2021年3月の春場所は、再び右ひざのけがで3日目から途中休場して場所中に手術を受けました。

 

 

 

白鵬は、7月の名古屋場所に進退をかける意向を示しリハビリとともに土俵上での稽古を再開したうえで、6場所連続休場から復帰しました。その名古屋場所では、初日から連勝を重ねて史上最多を更新する45回目の優勝を全勝で果たしました。

 

 

直後のNHKの取材に対して「体もあちこちぼろぼろだ。先のことはゆっくり考えたい」などと話していて、秋場所に向けた合同稽古に姿を見せたもののその後、同じ部屋の力士が新型コロナウイルスに感染したため秋場所は初日から休場していました。

 

 

白鷗は15歳で宮城野部屋に入門し、天性の体の柔らかさに厳しい稽古による力強さや卓越した技を兼ね備え、平成19年夏場所後に69代横綱に昇進しました。通算の勝ち星は1187勝、優勝回数45回、横綱在位はおよそ14年に渡る84場所でいずれも史上最多を記録していて現役生活20年で大相撲の記録を次々と塗り替えてきました。