日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

長野県飯田市の天竜川船下り観光船から船頭が転落で行方不明

長野県飯田市の天竜川川下り観光船から船頭が転落で行方不明

長野県飯田市の天竜川川下り観光船から船頭が転落で行方不明

9月8日午後2時50分頃、長野県飯田市の天竜川の天竜橋付近で、船下りをしていた観光船の船頭の飯田市毛賀に住む63歳の男性が川に転落し行方不明となっています。飯田署員や消防隊員らが捜索したが見つからず、同署などは9日朝から捜索を再開するようです。

 

 

 

 

 

飯田市にある同署や長野県飯田市松尾新井7170の運航する信南交通地域観光事業部によると、観光船は全長約12メートルで幅約2メートルあり、は約35分かけて約6キロを下っており、乗客11人が搭乗していたそうです。乗客ともう1人の乗員にけがはなかったそうです。

 

公式な発表はこちらです

www.gokai-tenryu.com

 

 

事故は天竜橋から約100~150メートル、終着地点から約500メートル上流で起きた。波しぶきが立って船が揺れやすい場所で、男性は船尾で櫂を使って操船していたそうです。男性は船頭歴約40年のベテランだったそうです。

 

 

 

 

弁天港から時又港へ向かう航路の天竜橋の上流約100m付近で、船尾側の船頭が櫂(かい・舟を漕ぐ棒状のもの)で漕ごうとしたところ水面から櫂が出てしまい、空中を振った勢いで落水しました。状況を見ていた船首側の船頭によると右岸(竜丘側)へ泳でいたが、途中で見えなくなってしまったということです。落水した場所は水深があり、水の流れもうねったところでした。船首側の船頭はその後の操船のため船尾へ移動し、無線で救助要請した後、舟は無事時又港へ到着いたしました。

 

 

同社が乗員から聞き取ったところ、男性は船が上下してバランスを崩して転落した可能性があるという。男性は川岸に向かって泳いでいたが、間もなく姿が見えなくなったということです。