日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

中日ドラゴンズの木下雄介投手死去、死因は、ワクチン接種か

f:id:tadatabilife:20210806065045j:plain
中日ドラゴンズの木下雄介投手が新型コロナワクチンを接種後、人口呼吸機を外すことができない、予断を許さないが続いていましたが8月3人に亡くなっていたようです。死亡原因、死因はなんだったんでしょうか?


7月6日の練習中に倒れて救急搬送されていた中日の木下雄介(きのした・ゆうすけ)投手(27)が死去していたことが5日、分かった。関係者によると、3日に亡くなったという。


7月半ばに倒れ、長く病床に伏しているという。「重篤」危機とはどんな状態なのでしょうか

中日ドラゴンズの木下雄介(27)投手が、ワクチン接種から数日後に入院、現在「危篤」危機にあることが週刊新潮の取材で分かった。




木下投手「接種から数日後、彼は名古屋市内の練習場でかなり力の入った激しい運動をしていました。その最中に倒れ、大学附属病院に運び込まれたのです。容体は、重篤の状態でしたが8月3日に亡くなっていたそうです





まず心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んでいます。人工呼吸器を外すこともできません。奥さんが付きっきりですが、ショックを受けておられて気安く声をかけられるような雰囲気ではないようです。この事実を知っているのは、与田剛監督はじめ首脳陣と、ごく限られた一部の選手だけのようです


ドラゴンズのオーナーで中日新聞社長でもある大島宇一郎氏は、「非常に厳しい状態だとは聞いています」と取材に答えているようです。「ワクチンを打った後、練習中に体調を崩して入院しており、容体が非常に厳しい状態だとは聞いています。ただ、ワクチンを打ったことでそのような状態になったのか、因果関係までは分かっていません」




東京歯科大学市川総合病院の寺嶋毅教授は、過度に接種を恐れる必要はないと指摘すしています。「ワクチンの恩恵をもっとも受けるのは高齢者ですが、20~30代の若年層であっても重症化する危険性や後遺症に悩まされるリスクがそれなりに存在する以上、接種のメリットは大きいと言えます。また、ワクチンは自身の感染を予防しながら、それを通じて周囲への感染拡大を防ぐという効果も期待されています。家族や大切な人たちを守ることを考え、また自らが感染を広げる一因とならないためにも、やはり接種は推奨されるべきでしょう」


27歳のプロ野球選手が新型コロナワクチンで重篤、は気の毒過ぎる東北の声が上がってます。そして記事にある東京歯科大学市川総合病院の寺嶋毅教授は嘘をついている。「ワクチンは自身の感染を予防する」感染予防効果は明らかになっていないと厚生労働省が言っているようですが欧米ではワクチン接種者の方がデルタ株に感染しているようです