日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

「かかりつけ薬局」認定制度スタート!「地域連携薬局」薬の適正使用をサポート

「かかりつけ薬局」認定制度スタート!「地域連携薬局」薬の適正使用をサポート

「かかりつけ薬局」認定制度スタート!「地域連携薬局」薬の適正使用をサポート



厚労省は8月1日から薬の情報を一元管理し高齢者への過剰処方を防止する高齢者らの薬の適正使用をサポートするが「かかりつけ薬局」認定制度をスタートしました。「かかりつけ薬局」制度とは薬の情報を一元管理する「かかりつけ薬局」を普及させ、複数の医療機関にかかる高齢者が、過剰に薬を使うのを防ぐ狙いがあります。「かかりつけ薬局」制度とはどんな制度なのでしょうか?「地域連携薬局」とはどんな薬局なのでしょうか

 

地域連携薬局とは?
地域連携薬局のイラスト地域連携薬局は、外来受診時だけではなく、在宅医療への対応や入退院時を含め、他の医療提供施設との服薬情報の一元的・継続的な情報連携に対応できる薬局です。地域連携薬局はその役割を果たすために、地域の他の医療提供施設に勤務する医師をはじめとした医療関係者との連携体制を構築した上で、利用者の服薬情報等の情報共有を行いながら、質の高い薬学的管理を行います。

 

 

また、地域の他の薬局に対する医薬品の提供や医薬品に係る情報発信、研修等の実施を通じて、他の薬局の業務を支えるような取組も行います。更に、医療提供施設のほか、利用者が関わる介護関係施設等とも連携を取りながら業務を行います。法令で規定する要件を満たす薬局は、知事の認定を受けて地域連携薬局を称することができます。

主な要件

  • 利用者の心身の状況に配慮する構造設備
  • 利用者の薬剤及び医薬品の使用に関する情報を他の医療提供施設と共有する体制
  • 地域の患者に対し安定的に薬剤を供給するための体制
  • 居宅等における調剤並びに情報の提供及び薬学的知見に基づく指導を行う体制

 

 

 

「かかりつけ薬局」認定制度

「かかりつけ薬局」認定制度は、医薬品医療機器法に基づき、厚生労働省が新設した制度です。地域の医療機関と連携し、患者の入退院などの際に情報交換したり地域の医療や介護関係者が集まる会議に参加したり在宅療養中の高齢者宅を訪問し、服薬指導を行うなどの要件を満たす薬局を都道府県が認定する制度です。薬局名は、都道府県のウェブサイトで紹介されます。

 

 

 

持病を多く抱える高齢者は受診先が複数にまたがり、不必要な重複処方や過剰処方が起こるおそれがある。薬の種類や量が多くなると副作用が起きやすく、健康被害につながりかねない。そこで、認定された薬局は、患者の了解を得て服薬情報を管理。問題があれば、医療機関に連絡し減薬してもらう調整をする。認定薬局は、飲み忘れが多い患者には、忘れにくい管理方法を助言する。夜間休日の調剤を当番制で担うことも求められています。