日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

宇都宮市の国道で宮内庁職員49歳の男が飲酒運転の疑いで逮捕

宇都宮市の国道で宮内庁職員49歳の男が飲酒運転の疑いで逮捕

宇都宮市の国道で宮内庁職員49歳の男が飲酒運転の疑いで逮捕

7月25日午前7時前に宇 栃木県宇都宮市御幸本町4864−18の国道4号線で通行人の男性から国道上に車が止まっていると通報がありました。車の中には栃木県高根沢町に住む宮内庁御料牧場職員の篠原一雄さんが寝ていて、警察官が職務質問したところ酒の臭いがし呼気からは基準値を超えるアルコールが検出され男が飲酒運転をしたとして逮捕されました。同容疑者は今年3月27日にも飲酒運転で逮捕されていたようです

 

 

 

 

栃木県高根沢町に住む宮内庁職員は・篠原一雄容疑者(49)は宇都宮市の国道で酒気帯び運転をした疑いが持たれています。取り調べに対して「記憶がない」と容疑を否認しています。

 

 

同容疑者は今年3月27日にも飲酒運転で逮捕されていたようです。27日早朝、高根沢町光陽台5丁目の国道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとして、さくら警察署は現場近くに住む国家公務員の篠原一雄容疑者(49)を酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。 警察によりますと、篠原容疑者は宮内庁の職員で、当時、信号待ちの乗用車に追突する事故を起こし、酒気帯び運転が発覚しました。 事故によるけが人はいませんでした。 これまでの調べに容疑を否認しているということです。

 

 

アルコールを飲んで車の中に寝ていただけの場合は飲酒運転とはみなされません。飲酒運転としてみなされるのはアクセルやブレーキ、ハンドル操作をした場合、またサイドブレーキを解除した場合も飲酒運転とみなされます。今回逮捕された方がどのような状態で警察に発見されたかによって大きく変わってきます

 

 

 

車中泊などで運転していたとみられる状態ではなくただ寝ていただけの場合でその場で酒を飲んだと言うケースもあります。また別の場所で飲んで誰かがそこまでその車を運転した場合もあります。記憶が無い状態とのことでこれから捜査が行われるとおもわれます