日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

愛媛県の深浦郵便局で元郵便局長2億円横領で自殺か?着服した金でを競艇

愛媛県南宇和郡愛南町の深浦郵便局で郵便局長が自殺、2億円不明!

愛媛県南宇和郡愛南町の深浦郵便局で郵便局長が自殺、2億円不明!

6月24日愛媛県南宇和郡愛南町深浦257−2の深浦郵便局で郵便局長が自殺、帳簿上の残高に対し実際の現金残高が約2億円不足していることが判明したと発表しました。日本郵便が調査した結果、死亡した元局長が、総額2億4千万円を着服し競艇に使ったと見られることがわかりました。

 

 

 

 

日本郵便株式会社四国支社安達章支社長は「全容解明のため社内調査を徹底するとともに、改めて社員に対してコンプライアンスの徹底をし、信頼の回復に取り組んでいく」とコメントしています。日本郵便四国支社が調査した結果、元局長が今年5月下旬以降、局内に保管している現金2千万円を横領した他、自分の口座に架空の預入処理をする手口で、2億2千万円をだまし取っていたということです。関係書類などから元局長は着服した金を全て競艇に使ったと見られていて、この他、不自然な出し入れが4500万円あったものの、補填されていたということです。

 

 

 

日本郵便四国支社は6月24日会見を開き、南宇和郡愛南町の深浦郵便局で帳簿上の残高に対し実際の現金残高が約2億円不足していることが判明したと発表していました。社内調査で深浦郵便局の資金に不審な点が見つかったため、6月23日四国支社の社員が現地調査をしたところ、2億円の不足が確認され た。日本郵便や関係者によると深浦郵便局の局長は30代の男性で6月23日の現地調査中に「少し休ませてください」と話し外出した後郵便局には戻らずその夜、自殺しているのが見つかっていました。

 

 

深浦郵便局では元局長1人が金の処理をしていたということで、四国支社は第三者が資金を点検するなどし、再発防止を図るとともに、警察への相談結果を踏まえ告訴するかどうか検討する方針です。