日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

埼玉県加須市市立騎西小学校で給食運搬中みそ汁で男子児童がやけど!学校はどこ?

埼玉県加須市の市立騎西小学校で給食運搬中みそ汁で男子児童がやけど!保険金359万支払い

埼玉県加須市の市立騎西小学校で給食運搬中みそ汁で男子児童がやけど!保険金359万支払い

給食運搬中のみそ汁で小学5年生の男子児童がやけどを負った事故がありました。学校名はどこだったのでしょうか?2021年7月16日埼玉県加須市は埼玉県加須市騎西52−3の市立騎西小学校で2017年6月、給食運搬中にみそ汁で5年生の男子児童がやけどを負った事故で、市を相手取り慰謝料など約792万円の損害賠償を求めた訴訟に対して埼玉県加須市は控訴せず全額の支払いを完了し市長は「改めておわび」して、保険金359万2632円を支払ったと発表しました。

 

 

 

男子児童は、廊下で1人で丸食缶を運んでいるときにバランスを崩し、丸食缶に入っていたみそ汁が左膝下部分と左太もも裏側にかかり、やけどを負った事故がありました。市を相手に損害賠償を求めて提訴し、6月25日にさいたま地裁は一部の約297万円の支払いを命じる判決を出していました。

 

 

 

判決理由で斎藤裁判長は、給食当番として2人一組で運ぶルールになっていた約10キロの食缶を、相手の生徒が委員会活動で呼び出されたため1人で運んだ点について「男子生徒に落ち度はなく、過失相殺の対象ではない」と生徒側の責任は認められないと説明し食缶を1人で運んだ結果、約90度の高温のみそ汁を脚にこぼして全治6カ月のやけどを負い、合わせて手のひら4倍以上の痕が残っていて、後遺障害等級では「12級(労働能力喪失率14%)に相当する」とし、14級を主張した市側の訴えを退けました

www.saitama-np.co.jp

 

 

 

高温のみそ汁が入った食缶を運搬中に転倒して脚にやけどを負ったのは学校側が安全配慮を怠ったのが原因として、市を相手取り慰謝料など約792万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、さいたま地裁で開かれ、斎藤清文裁判長(代読・沖中康人裁判長)は市に約297万円の支払いを命じていました。

 

 

市は判決を受け入れ控訴せず、全額の支払いを完了した。大橋良一市長は「原告の方に改めておわびしました