日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

外国人専用エレベーターが差別批判!外国人専用エレベーターのホテル名はどこ?

外国人専用エレベーターが差別批判!外国人専用エレベーターのホテル名はどこ?

外国人専用エレベーターが差別批判!外国人専用エレベーターのホテル名はどこ?

東京都千代田区永田町2丁目14−3の赤坂エクセルホテル東急で、外国人利用客に対し、日本人と同じエレベーターに乗らないよう求めるエレベーターホールには「日本人専用」「外国人専用」という案内も掲示して貼り紙を掲示したホテルに対して「差別だ」などと批判が上がっているようです。ホテル名はどこだったのでしょうか?  

 

 

指摘を受け、ホテル側は掲示から2日後の7月11日に貼り紙を撤去したようです。波紋を呼んでいるホテルは、東京都千代田区永田町2丁目14−3の赤坂エクセルホテル東急のようです。ホテルによると、エレベーターのカゴ内の貼り紙には、外国人客が利用できることや、日本人と同乗しないよう求める内容が記載されていたそうです。

 

 

 

さらに、エレベーターホールには「日本人専用」「外国人専用」という案内も掲示していたという。ホテルの貼り紙とみられる写真とともに、ホテル名を書き込んだツイートが拡散し、SNS上で「ひどい対応」「人種差別だ」といった批判が相次いだようです。

 

 

 

ホテル側はなぜこうした内容の貼り紙を設置したのでしょうか?「感染対策の一環」で同ホテルの客室管理の責任者は、貼り紙を設置し、外国人と日本人でエレベーターを分けて利用するよう求めたことを認めた。責任者によると、7月9日から掲示していたということです。

 

 

「コロナの感染拡大防止を目的に、海外からのオリンピック関係者と、一般の利用客の動線を分けるために掲示しました。受け入れ施設に関する東京2020組織委のマニュアルをもとに、感染対策の一環として行いました」と説明しているそうです。内閣官房が公表している『ホストタウン等における選手等受入れマニュアル作成の手引き』では、宿泊に関する規定で、「他の宿泊客など、選手等以外の者との接触を避けるための措置を取る」ことを明記している。

 

 

具体的な対策

・宿泊施設を棟ごとに選手等の貸切とする、フロア単位の貸切とする
・他の宿泊客との動線を明確に分離する
・共用施設(ロビー、浴場、バー、共同利用トイレ等)の利用を避ける

などの例を挙げている。

 

ただ、今回の貼り紙の表記では、五輪に関連した感染対策であることを明記しておらず、差別的なメッセージとして受け取られかねない内容だったようです。

ホテルの責任者は「(貼り紙は)動線を確保するためだけの意図であり、それ以外の意図は全くありませんでした。誤解を招く表記をしてしまい、表現が至らなかったと受け止めています」とコメントしました。