日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

小田原の市立保育園でクラスター!コロナ職員、園児に感染!保育園はどこ?

小田原の市立保育園でクラスター!保育園はどこ?

小田原の市立保育園でクラスター!保育園はどこ?

新型コロナウイルス感染症を巡り、神奈川県は9日、小田原市立保育園で新たに職員3人、園児3人の感染が確認され、感染者は計9人となり、県はクラスター(感染者集団)と認定しました。小田原の保育園はどこだったのでしょうか?保育園名は公表されていません。

 

 

【令和3年7月6日発表】
(1) 所属  小田原市立保育園
(2) 職種  会計年度任用職員
(3) 経過
  7月4日(日)
   発熱等の症状のため、医療機関を受診
  7月5日(月)
   PCR検査の結果、陽性と判明
   小田原保健福祉事務所による調査
(4) 市の対応等
・当該職員と接触した園児のうち、1名が濃厚接触者となり、PCR検査の対象となりました。
 また、接触した職員のうち2名は、濃厚接触者ではありませんが、PCR検査を実施することになりました。
・感染が確認された職員が従事していた保育室の消毒を実施しました。
・保護者に対し、職員の陽性が判明したこと、消毒を実施したこと、保育園は通常どおり行うこと等を
 7月5日(月)に通知しました。
・執務時間中におけるマスクの着用等職員個々の対策や、換気・消毒等執務室内の対策など、引き続き、
 職場における感染症対策の徹底に努めます。

 

 

 

【令和3年7月8日発表】
(1) 所属  小田原市立保育園
(2) 職種  職員及び会計年度任用職員(いずれも保育士)
(3) 経過
  7月6日(火)
   発熱症状
  7月7日(水)
   PCR検査の結果、陽性と判明
(4) 市の対応等
・臨時休園の期間
令和3年7月8日(木)から当面の間※保育の再開は、小田原保健福祉事務所と相談の上、決定します。
・職員及び園児(0、1歳児の希望者)のPCR検査を実施します。
※7月6日(火)の公表時に実施するとしたPCR検査では、職員2名、園児ともに陰性でした。
・感染が確認された職員が従事していた保育室等の消毒を実施しました。
・執務時間中におけるマスクの着用等職員個々の対策や、換気・消毒等執務室内の対策など、引き続き、職場における感染症対策の徹底に努めます。

 

 

 

【令和3年7月9日発表】
現在休園中の市立保育園職員への7月7日(水)及び8日(木)のPCR検査の結果、8日に新たに3人が陽性となり、これまでの3人と合わせ、6人が陽性となったことを確認したことにより、県がクラスターであると認定しました。

■新たに陽性を確認した職員に関する情報
(1) 所属 小田原市立保育園
(2) 職種 職員1人及び会計年度任用職員2人(いずれも保育士、0・1歳児担当)
(3) 経過
【1例目】職員
 7月7日(水)PCR検査(無症状)
   8日(木)陽性と判明
【2例目】会計年度任用職員
 7月7日(水)発熱
  8日(木)PCR検査、陽性と判明
【3例目】会計年度任用職員
 7月7日(水)無症状
  8日(木)PCR検査、陽性と判明
(4) 市の対応等
・臨時休園の期間
当該保育園は、当面、全部休園としていましたが、小田原保健福祉事務所の調査の結果、7月13日(火)まで休園を継続し、14日(水)から2歳児以上クラスを、24日(土)から0・1歳児クラスを再開する予定です。
・PCR検査の結果等
 職員は、38人中6人が陽性、32人が陰性でした。
 0・1歳児については、14人中3人が陽性、11人が陰性でした。
 なお、陰性の職員及び園児については、小田原保健福祉事務所の指導により、7月12日(月)に再度PCR検査を実施する予定です。

 

 

7月9日神奈川県所管域で新たに10歳未満~70代の男女50人の感染が確認されたと発表しました。1人が中等症、49人が軽症または無症状で、30人の感染経路が不明ということです。

 

 

年代別の内訳は、20代が11人、30代・50代が各8人、40代7人、10歳未満6人、10代5人、60代3人、70代2人です。