日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

セブンイレブンのドライかにぞうすい、乾燥剤混入4万3,050個自主回収

セブンイレブンのドライかにぞうすい、乾燥剤混入4万3,050個自主回収

セブンイレブンのドライかにぞうすい、乾燥剤混入4万3,050個自主回収

7月2日にセブンイレブンとマルハニチロは、かに雑炊4万個を自主回収すると発表しました。自主回収するのは、全国のセブン&アイグループの店舗で販売していた「セブンプレミアムフリーズドライかにぞうすい」4万3,050個が対象だそうです。回収対象は、賞味期限が2022年5月の商品で、一部に乾燥剤が混入している可能性があるためとしています。現時点で健康被害の報告はないということです。

問い合わせ先

マルハニチロ お客さま相談室

0120-040826

 

 

セブンイレブン納豆 

セブンイレブン納豆にガラス片混入!

セブンイレブン納豆にガラス片混入!

今朝嫁と子供が納豆食べてたら、嫁がガリっとするもの食べたらしく、出したらガラスの破片だった。あづま食品のお客様相談室は2月17日に異物混入の連絡を受け、同社の担当者が男性宅を訪れたことを認め、破片も回収したことを明らかにしました。

 

 

 

 

 宇都宮市あづま食品

宇都宮市にあるメーカーのあづま食品では、「様々な検知機を通しており、製造過程では考えにくい」とする一方で、破片を外部検査に出したことを明らかにしました。宇都宮市保健所は、工場での混入の有無を確認するため立ち入り検査を始めました。

 病院の検査では異常無

病院で検査

病院で検査

子供が飲み込んでないか心配していましたが、病院の診察で異常は見らなかったようです。ガラスの写真を投稿したユーザーのツイートによると、妻と子供が2021年2月17日朝にこの納豆を食べていると、妻がガリっとするものに気づいた。それを取り出してみると、小さなガラスの破片だったということです。

妻があづま食品に電話

妻が早速、あづま食品に電話すると、同社の人が自宅に来て、治療費は負担するので病院の診察を受けるようにと言われたそうです。子供が飲み込んでいないか心配だったということで、レントゲンを撮った結果、異常は見られなかったようです。

 

 

 

仙台市内のスーパーで購入

商品は「セブンプレミアム極小粒納豆」で、スーパーも調査中とのことです。同社によると、混入していた破片は、5~6ミリほどの大きさの1個で、ビンを割ったようなガラスだとみられるという。納豆のタレを長期間保存していると、ガラスのような塩分の結晶ができることがあるが、それとは明確に違うとしています。

また、同社では、保健所に届け出て、納豆が販売されたスーパー「ヨークベニマル」の仙台市内の店にも連絡したことも明らかにした。男性の家族には、病院に行ってもらったといい、ケガなどは聞いていないという。納豆にガラスの破片のようなものが混入したという報告は、他にはなかったようです。

 

ヨークベニマルの企画室では2月19日、この商品にガラスの破片が混入されていたという訴えがあった事実を認め、「私どもでは、近くお見舞いに伺うことになっています。どこで混入したかは調査中ですので、詳しいことは申し上げられないです」とコメントしているようです。

宇都宮市保健所の生活衛生課では、18日に市内の工場に連絡して異物混入の届け出があったことを確認したうで、19日から工場への立ち入り検査を始めた。「こちらには今回の1件しか来ていませんが、製造記録の書類確認などを通じて、工場での混入の可能性の有無を確認したいと考えています」と話しています。

ニフティーニュース引用

news.nifty.com

 

被害にあった方は「午後に菓子折り持って来たみたいです。治療費などはこちらで負担しますとの事で、大事をとって子供を病院に連れていって診察しているみたいです。最初は怒りもあり、注意して欲しいとゆう気持ちもあってツイートしましたが、嫁と話し合った結果このツイートは削除しようと言う話になりました。なので本日中に削除させていただきます」とツイートしています。お怪我がなくて何よりでした。