日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

Windows11の無償アップグレードはいつから?無償アップグレードの方法と必要スペック条件

Microsoftが次世代Windows発表「Windows 10X」「Windows11」Windowsアップデート

Microsoftが次世代Windows発表「Windows 10X」「Windows11」Windowsアップデート

アメリカに本社があるMicrosoftは現地時間6月24日に、次世代Windows発表の関連のオンラインイベントを6月24日午前11時(日本時間の25日午前0時)から配信しWindows 10の後継OS「Windows 11」を発表しました。「Windows 11」は2,021年10月30日よりWindows10から無償でアップロードができるになるようです。無償アップグレードはいつから?無償アップグレードの方法はいつからでしょうか

無償アップロードのスペック条件

  • 64bit CPU
  • 4Gメモリ
  • 64Gストレージ

 

 

 

 

またスマートフォンからダウンロードできAndroidアプリが実行可能になるという。Windows 11はAndroidアプリにも対応して「Amazon アプリストア」 ストアからダウンロードできますすると発表しました。

 

 

 

「Windows 11」におけるAndroidアプリ対応は、IntelおよびAmazonとの協業により実現したという。アプリストアは「Google Play」ではなく「Amazon アプリストア」(Amazon Appstore)が用いられるとのことで、Windows 11ユーザーは「Microsoft Store」でアプリやゲームを探すようにAndroidアプリを検索し、「Amazon アプリストア」を通じてダウンロードできるようになる。開発者がWindows 11へAndroidアプリを公開する方法については、今年後半にも案内されるとのこと。

 

 

そのほかにも、「Windows 11」のアプリストアにはさまざまな改善が施されているとのこと。ストーリーやコレクションを使ってアプリの露出を高めたり、Webからアプリを入手する際にポップアップで手軽にインストールできるようになるようだ。

また、開発者を惹きつけるための施策として、登録可能なアプリの種類も拡充され、PWA(プログレッシブ Web アプリ)や従来からあるデスクトップアプリなどがサポートされる。7月28日以降は、自社またはサードパーティのコマースプラットフォームをアプリへ導入することも認められ、その場合はMicrosoftへの手数料が不要となる。開発者は収益の100%を得ることが可能だ。

 

 

 

MicrosoftのCEOのサティア・ナデラ氏は「Build 2021」で「この10年で最も重要なWindowsアップデートの1つになる」と次世代Windowsを間もなく発表すると話していたことから、次世代Windows発表の発表イベントではないかという噂がでています

 

 


ナデラ氏は「マネタイズできるアプリを構築し、配布するためのオープンプラットフォームなどについて、近いうちに共有できることを楽しみにしている」と説明していたことから、Windowsの「Microsoft Store」にも変更があるとみられています。

 

 

Microsoftからの発表によると、イベントではナデラ氏やパノス・パネイCPO(最高製品責任者)をはじめとするMicrosoftの経営陣が登壇するということで今回「Windows 10X」はリリースせず、その技術をWinodowsに統合することを加速すると発表しています。

 

 

Microsoftは2015年1月にWindows 10を発表した際、このWindows OSが最後のメジャー番号で新たなブランド名(Windows XPやVistaなど)をリリースせず、Windows 10を基本とすると発表していました。そのため「Windows11」になることはないとみられています。発表イベントのライブ配信は専用ページで視聴できるようです