日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

平井デジタル大臣音声録音聞けます!「新音声入手」証拠の録音!官製談合防止法違反の疑い

平井デジタル大臣音声録音聞けます!「新音声入手」官製談合防止法違反の疑い

平井デジタル大臣音声録音聞けます!「新音声入手」官製談合防止法違反の疑い

東京オリンピック向けアプリの事業費削減を巡って、平井卓也デジタル改革担当相が内閣官房IT総合戦略室の会議で同室の幹部らに対し、請負先企業のNECを「完全に干す」「脅しておいた方がいい」などと指示していた問題で平井大臣はが同じ会議の場で、デジタル庁が発注予定の事業に、自身と近い関係にあるベンチャー企業を参加させるよう求める発言をしていたことが、「週刊文春」が入手した音声データでわかかりました。発注機関の責任者である大臣のこの発言は、官製談合防止法に違反する疑いがあるようです。

 

 

 

「新音声入手」証拠の録音!

9月に発足予定のデジタル庁の舵取りを担うのが、担当大臣の平井大臣ですが、4月7日に内閣官房IT総合戦略室でデジタル庁設置に関するオンライン会議が行われた際に平井大臣ほか、同室の向井治紀室長代理ら幹部2人が同席し、数十人の関係者がオンラインで視聴していたそうです。

 

会議の模様を収録した音声データには、以下のようなやり取りが記録されているようです。

 

平井「デジタル庁の入退室管理と、アクセスのね。それはさ、もう新しいシステムを実験的に入れてくれてもいい。松尾先生に言って一緒にやっちゃってもいいよ」

幹部「あっ」

平井「彼が抱えているベンチャー。ベンチャーでもないな、ACES(エーシーズ)。そこの顔認証、はっきり言ってNECより全然いい部分がある。だから聞いて。もうどこから撮ったっていけるし、速い。アルゴリズムがとっても優秀」

 そして、この直後に朝日新聞が報じた「NECには死んでも発注しない」という発言が続いていくようです。

 

news.yahoo.co.jp

 

 

 

 

これが本当だったら怖い

報道では平井大臣地自身が認めているということですが、これが本当ならこの件以外にも政治家の間でこの様な事があると思うと怖いです。接待などのニュースもありましたが、国民の信頼を大きく裏切ることだとおもいます。平井大臣は今までの議員さんと違って何か新しい感じがして期待していました。これが本当なら残念です。真相はまだわかりません

 

 

画像認証サービスを手掛ける「ACES」

平井氏と同郷のAI研究の第一人者の「松尾先生」とは、東京大学工学系研究科の松尾豊教授で、AI研究の第一人者として知られる人物だそうです。平井大臣とは同郷ということもあり、2015年頃から親交があったそうです。2020年12月23日には、平井大臣が定期開催している朝の勉強会に、松尾氏がゲストとして参加するなど、親密な間柄だったようです。「ACESは2017年、松尾研メンバーの東大大学院生が起業し松尾氏自身も顧問として参画しています」

 

 

 

 

平井大臣の発言は、官製談合防止法に違反する疑いがあるようです。同法の第2条5の2では、国の幹部を含む職員が『契約の相手方となるべき者をあらかじめ指名すること』『その他特定の者を契約の相手方となるべき者として希望する旨の意向をあらかじめ教示し、又は示唆すること』を禁じています。平井大臣は発注機関の責任者なので同法に違反した場合、発注機関の職員には5年以下の懲役または250万円以下の罰金が科せられますが、大臣に刑罰が及ぶ可能性もあるようです