日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

新型コロナ生活困窮者自立支援金の申請方法と対象者条件

f:id:tadatabilife:20210525225750j:plain
5月25日政府は新型コロナウイルス禍で生活に困窮する世帯向けに新たな支援金制度を創設する検討に入りました。申請方法と対象者、条件はどのようなっているのでしょうか?新支援金は生活保護に近い水準の世帯で預貯金が100万円以下などの要件を満たす場合、3カ月間で最大30万円を給付するようですします。




支給方法と金額
新たな支援金は世帯単位で給付します。単身なら月6万円、2人なら同8万円、3人以上なら同10万円とする方向です。7月以降に3カ月間の支給を想定しています。申請方法や詳しい条件はまだわかっていません。


申請条件
収入が東京23区内なら3人世帯で月24.1万円以下、預貯金が100万円以下といった要件を満たす必要があります。持ち家の世帯も対象になりますが生活保護世帯は対象外になります。政府は新型コロナで生活に困窮する世帯を対象にした緊急小口資金などをおこなってきましたがコロナ禍が長引き、既存の支援制度を使い切ってしまった人が出てきていることから短期の生活費を新たに支援し、就労までの期間を穴埋めする方針のようです。緊急小口資金や総合支援金などを借りた方ですでに貸付が終わった方も対象になる可能性があります