日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

新幹線の運転席を便座に変更!JRが運転手のトイレ問題を解消

東海道新幹線!時速150キロで運転手がトイレで席を離れる!どこの区間?熱海駅~三島駅間

東海道新幹線!時速150キロで運転手がトイレで席を離れる!どこの区間?熱海駅~三島駅間

JR東海は5月20日、東海道新幹線の男性運転士が5月16日、東京発7:33分の新大阪行きひかり633号で熱海駅~三島駅間を時速150キロで走行中に運転席を一時離れて客室のトイレに行くため、車掌を呼んだ上で約3分間運転室を離れたようです。この問題で新幹線の運転席に簡易トイレを設置する方向で検討しているようです。

 

 

 

簡易トイレ設置で問題解決

簡易トイレ設置で問題解決

簡易トイレ設置で問題解決

人間だから急にトイレに行きたくなることもあります。緊急時には列車を止めるという規則になっているようですが、きっと止めたら止めたで厳しい処分があるのでしょう。運転前にトイレを済ませるという対策ではまた同じことが起きえます。なぜなら腹痛は突然来るからです。それでは紙おむつでも履かせて運転させるのでしょうか?新幹線の運転席を便座に変更すればすべて解決します。たいした費用はかかりません

 

 

 

小田原駅を出ると次は名古屋まで1時間7分停車駅がなくトイレにも行けなかったようです。運転士は「腹痛を感じ、トイレに行くために離れた」などと説明しており、離れる際は運転資格を持っていない車掌が運転席にいたようです。運転士が体調不良の場合は、列車指令に報告した上で運転資格を持つ車掌と交代するか列車を停車させた後 運転席を離れなければならず、国交省の省令やJR東海の社内規定に違反する行為だったとみています。運転士は「プロとして腹痛を理由に停止させることは恥ずかしく、列車を遅らせたくなかった」と話しているようです

簡易トイレがあれば済む問題

いつでも使えるトイレでなくていいのです。緊急用です。あると言うだけで運転手は安心します。買ってあげてください。

Nico (ニコ) 非常用 簡易トイレ 防災 緊急 凝固剤付 10回分 30×31×32cm 耐荷重120kg 日本製 R-65 【Amazon限定ブランド】

新品価格
¥4,445から
(2021/5/21 13:54時点)

 

 

 

 

 

 

東海道新幹線における運転士の運転室一時離れについて
東海道新幹線の運転士が、5月16日、走行中に運転室を一時離れたことが判明し
ましたのでお知らせいたします。
1.発生日時 令和3年5月16日(日) 8時14分頃
2.発生場所 熱海駅~三島駅間
3.列 車 ひかり633号(東京駅発 新大阪駅行き)N700S
【東京駅7:33発、新大阪駅10:27着】

4.概 況 当該列車担当運転士は、小田原駅到着前に、腹痛を感じたため、
車掌を運転室に呼んだ。熱海駅を通過後、車掌が運転室に到着し、
運転士は客室のトイレに行くため、約3分間運転室を離れた。
※当該運転士から三島駅の通過が約1分遅れたと指令所に報告があり、
状況を詳細に聞き取りしたところ、上記内容が判明しました。
※乗車人員は約160名でした。
※運転士が運転室を離れた際の走行速度は150km/h程度でした。
5.対 策 等 全ての乗務員に対して、正規の取り扱いを周知・再徹底致します