日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授さざ波発言!日本のコロナ感染状況を「さざ波」程度とツイッター投稿

内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授!日本のコロナ感染状況を「さざ波」程度と投稿

内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授!日本のコロナ感染状況を「さざ波」程度と投稿

 

内閣官房参与を務める高橋洋一嘉悦大教授が自身のTwitterで5月9日に、インドや欧米各国と日本の新型コロナウイルス感染状況を比較した上で「日本はこの程度のさざ波。これで五輪中止とかいうと笑笑」とツイッターで発信し批判を受けています。5月10日、野党やインターネット上では「亡くなった人への配慮を欠く」との批判が強まりましたが菅政権は「高橋氏個人の主張」などとしてコメントを避けています。

 

 

高橋氏はグラフを用いて、インド、カナダ、ドイツ、イタリア、アメリカ、日本、イギリスを比較したもので、その比較では、日本は低水準で推移しているのがわかりますが、配慮が無い投稿だと批判を受けているようです

 

 

 

 

高橋洋一氏は経済財政政策を担当する参与として、菅義偉首相に助言する立場で首相は10日の参院予算委員会で、見解を問われ「個人の主張についての答弁は控える」と述べ、五輪に関しては全く相談していないとも強調しました。

 

共産党の山添議員「治療を受けられずに亡くなる方がいる中で、こうした認識の方が政策決定に関与していることが大問題ですが、総理は同じ認識を共有されたのですか。だから五輪の開催に固執しているのですか」という質問に対して菅首相は「高橋氏については、私、経済見通しとか経済運営、そうしたものを官房長官以前から相談をしております。そういう中で今回、参与にさせ