日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

神戸介護老人保健施設「サニーヒル」で新型コロナ集団感染大規模クラスター133人感染25人死亡

神戸介護老人保健施設「サニーヒル」でクラスター133人感染、25人死亡

神戸介護老人保健施設「サニーヒル」でクラスター133人感染、25人死亡

神戸市は5月7日、兵庫県神戸市長田区大日丘町3丁目2−1の 介護老人保健施設サニーヒルで4月14日以降、入所者97人、職員36人の計133人が新型コロナウイルスに感染する大規模クラスターが発生し、うち70代以上の入所者25人が死亡したと発表しました。

 

 

 

市内の医療体制の逼迫で、感染した入所者は基本的に施設でそのまま療養しており、重症化して転院できたのは3人だけで、死者25人のうち23人は施設で死亡しました。

死者の内訳

  • 男性8人
  • 女性17人

 

 

施設は定員150人(一般棟80人、認知症専門棟70人)で、4月16日時点の入所者は133人、職員は121人で常勤の医師3人と看護師16人を配置し、7階建ての3~6階が老健施設で各階で感染者が出たため、各階をゾーニングしていたようです。

 

認知症の入所者らはマスク着用が困難で、職員も防護服を着ないままレッドゾーンに立ち入るなど、感染対策に不十分な面もあったといい、市保健所や厚生労働省の地域支援班も連日、支援に入っていました。神戸市は5人以上の感染者が出た4月15日の時点でクラスターと認識していましたが、これまで公表してきませんでした。市健康局の熊谷保徳副局長は「感染者が増えすぎて業務が逼迫し、広報まで手が回らなかった。申し訳ない」と謝罪しました。