日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

宮城県白石市大鷹沢小学校で藤棚の木製部品が腐食!白石第一小学校と別の小学校で検査

宮城県白石市大鷹沢小学校で藤棚の木製部品が腐食!白石第一小学校と別の小学校で検査

宮城県白石市大鷹沢小学校で藤棚の木製部品が腐食!白石第一小学校と別の小学校で検査

4月27日15時に宮城県白石市半沢屋敷前2-2番地の市立白石第一小学校の校庭防球ネットの木製支柱が折れて小学校6年生男子児童2人に直撃し、1人が死亡、1人が顔に大けがをした事故で別の小学校でも調査したところ大鷹沢小学校で藤棚の木製部品の腐食を発見しました 


 

白石第一小学校で防球ネットの支柱が倒れて児童2人が死傷した事故を受け、市教育委員会は30日、市内にある15の幼稚園や小中学校で遊具や設備の緊急点検をした。その結果大鷹沢小学校では、市の技術職員4人がサッカーゴールやジャングルジムなどをハンマーでたたき、劣化の程度を音で検査。藤棚の木製部品が腐食しているのを目にして、職員たちは「撤去を検討した方がいい」としています

 

 

市教委は年1回、学校の遊具を点検していたものの、事故があった防球ネットは設置者が不明で、点検の対象外だった。佐藤哲生学校管理課長は「事故が起きる前に気づくべきことだった」と悔やむ。点検で危険性があると分かれば、使用を禁止して、専門業者による詳細な点検を経て撤去するかを決めるとしています

 

 

宮城県白石市の市立白石第一小の校庭防球ネットが倒れ児童死亡!

宮城県白石市の市立白石第一小の校庭防球ネットが倒れ児童死亡!

4月28日、宮城県白石市半沢屋敷前2-2番地の市立白石第一小学校の校庭で4月27日15時ころ、防球ネットの木製支柱が折れて小学校6年生男子児童2人に直撃し、1人が死亡、1人が顔に大けがをしたと宮城県白石市教育委員会が発表しました。児童は大河原町内の病院に緊急搬送されましたが、一人が死亡しました。市教委は28日午後に記者会見を開き、詳細を説明するとしています

 

 

発表によると 4月27日15時頃、学校のグランドにあった防球ネットに6~7人の複数の児童がよりかかるなど遊んでいたところ木製支柱が折れて男子児童2人に直撃し、1人が死亡、1人が顔に大けがをしたようです。

宮城県白石市教育委員会

宮城県白石市教育委員会

宮城県白石市教育委員会が発表しました。市教委は28日午後に記者会見を開き、詳細を説明するとしています

直径20センチ位の丸太棒

直径20センチ位の丸太棒

写真から見ると 直径20センチ位の丸太棒で長さが10mほどあるように見えます。もしこの丸太が倒れ頭に直撃したとしたらかなりの衝撃があったとみられます

 

 

 

 

ブログの紹介

日本中を無料で旅行ができます

当ブログはレンタカー回送の簡単なお仕事で

日本中を無料で旅する方法を紹介しています。

レンタカー回送ドライバーとはレンタカーを利用したお客様が借りた店舗と違う場所に返却した場合にそのレンタカーを元の店舗に運転して戻すお仕事です。興味のある方はぜひ動画をごらんください。

 

 

 入門編 レンタカー回送ドライバー始め方

  レンタカー回送の仕事ってどんなお仕事?

レンタカー回送の仕事を始めるのは?

主婦や女性ドライバーも活躍中

レンタカー回送ドライバーが人気な理由

まずは説明会にいってみよう

説明会と講習会と申し込み方

 

準備編 レンタカー回送に必要な物

 レンタカー回送にあると便利なアプリ

 レンタカー回送に便利なカード

 レンタカー回送にあると便利な交通系ICカード

 レンタカー回送に必要な物

 

実践編  早速レンタカー回送をやってみよう

 レンタカー回送ドライバーの日常業務

 レンタカー回送時の注意点

 レンタカー回送後にクレームをつけられたら

 回送中の交通違反!について

 回送時に故障発生!そんなときは・・・

 あおり運転をされたときは・・・

 大雨や豪雨時に命を守る運転方法

 

  攻略編 レンタカー回送のコツ

初心でも効率よく稼げる方法

 意外と快適!レンタカー回送時の車中泊について

 レンタカー回送は1年中かせげるの?レンタカー回送の繁忙期とは

 ネットでの悪い評判をよく見かけますが本当ですか?

 

レンタカー業界裏話

 回送ドライバーが見た、レンタカー会社別スタッフ対応

 

 

 

 

 

 

 


文科省、全国に緊急点検を要請

 宮城県白石市の市立白石第一小学校で、校庭の防球ネットの木製支柱が折れて小学生2人が死傷した事故を受け、文部科学省は30日までに、都道府県・政令指定市などを通じて、すべての学校の防球ネットの安全性を緊急点検するよう要請した。点検をした上で使用禁止や修繕などをすることも求めた。

 萩生田光一文科相は30日の閣議後会見で「学校の点検だけで安全性が確認できない場合は、(業者などの)専門的な点検を実施することが考えられる」と述べた。