日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

3月20日21日モバイルSuicaサービス停止!システムメンテナンス!利用できません!復帰方法

 

3月20日21日モバイルSuicaサービス停止!システムメンテナンス!

3月20日21日モバイルSuicaサービス停止!システムメンテナンス!

JR東日本では、3月20日午前11時から3月21日午前7時までスマートフォン向けの「モバイルSuica」サービスのシステムの大規模メンテナンスを行います。メンテンス中はご利用いただけなくなるサービスがあります。またメンテンナンス終了後ご自身で復帰手続きが必要になります。充分お気をつけください

 

 

 

利用出来ないサービス

利用出来ないサービス

利用出来ないサービス

システムメンテナンス中にご利用いただけない主なサービス

  • アプリからの入金(チャージ)、JRE POINTからの入金(チャージ)
  • 定期券、グリーン券の購入や払いもどし
  • 機種変更、再発行登録、退会等のお手続き
  • 会員メニューサイト(PC)でのお手続き
  • 連携サービス(タッチでGo! 新幹線、新幹線eチケットサービス等)の申込み、登録等

システムメンテナンス中もご利用可能な主なサービス

  • 入金(チャージ)済みのSF(電子マネー)残高の利用
  • 現金チャージ、設定済みのオートチャージ、コンビニチャージ、ATMチャージ等の利用
  • 購入済みの定期券、グリーン券の利用
  • 既に登録済みの連携サービス(タッチでGo! 新幹線、新幹線eチケットサービス等)の利用

モバイルSuicaサービスの全面リニューアルに伴い3月21日にシステムメンテナンスを実施します。期間中は、アプリからの入金、定期券/グリーン券の購入/払い戻し、機種変更/再発行登録/退会、会員メニューサイトでの手続き、ビュー・エクスプレス特約の申込み、ネットショッピングでの支払い/Suicaポケットの受け取りなどが利用できません。一方、入金済みのSF残高の利用や現金チャージ/コンビニチャージ/設定済みオートチャージ/購入済みの定期券/グリーン券、および登録済みの連携サービスの利用は可能です。

www.jreast.co.jp

 

 

 

アップデート後の手続きが必要

アップデート後の手続きが必要

アップデート後の手続きが必要

モバイルSuicaは、システムメンテナンスにより一部サービスを停止します。またシステムメンテナンスの終了後、アプリ更新(アップデート)に時間を要する場合があります。またモバイルSuicaのシステムメンテナンス終了後も、アプリストアからのアプリ配信タイミングにより、モバイルSuicaがご利用可能となるまでに時間を要する場合がございます。

Androidスマートフォンをご利用の方

・モバイルSuicaアプリの更新(アップデート)
・おサイフケータイアプリのインストール

ご注意
システムメンテナンス後にモバイルSuicaをご利用いただくためには、端末に「おサイフケータイアプリ(ver9.0.0)」をインストールのうえ、Googleアカウントでサインインを行う必要があります。おサイフケータイアプリの操作方法等、メンテナンス後にモバイルSuicaをご利用いただくためのお手続きについて詳しくは下記のリンクをご参照ください。

mobilesuica.okbiz.okwave.jp

 

2021年3月20日(土)午前11:00頃から3月21日(日)午前7:00頃にかけて、モバイルSuicaはシステムの大規模メンテナンスを実施します。メンテナンス終了後にAndroidスマートフォンでモバイルSuicaをご利用いただくためには、お客さまご自身でお手続きが必要です。ご利用前に必要なお手続きは以下のとおりです。
  • 事前のご準備が可能です。お早めにお済ませください。
  1. 「おサイフケータイアプリ(9.0.0バージョン以上)」のインストール
  • 2021年3月21日(日)午前7:00以降、サービス再開後にお手続きが必要です。
  1. 「モバイルSuicaアプリ」の6.0.0バージョン以上への更新(アップデート)
  2. Googleアカウントでの「おサイフケータイアプリ」へのログイン
上記お手続きついて、以下のPDFに詳しい操作方法を記載しておりますのでご参考ください。

アプリはリニューアル後、Android版における複数枚Suicaの発行や、定期購入時の経路表示改善、タッチでGO!新幹線の利用開始登録対応などが図られる。おサイフケータイアプリとの連携は必須となるが、モバイルPASMOとの使い分けや、同アプリによる端末変更/iOSへの移行に対応する。