日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

2021ノーベル平和賞 受賞候補者 推薦者  ノーベル委員会 ノーベル研究所

2021ノーベル平和賞 受賞候補者

2021ノーベル平和賞 受賞候補者

2021ノーベル平和賞 受賞候補者

ノーベル平和賞を選考する機関はノルウェー・ノーベル委員会(Den norske Nobelkomite)です。ノルウェーの国会が指名する5人の政治家が選考委員を務めていて委員会は5人の委員とその中から選ばれる代表者からなります。委員会の事務局長はノーベル研究所の所長がを務めることになっています。委員は5人の委員と3人の予備要員を再選の可能性込みで6年間の任期で選出しています。

 

 

 

 

ノーベル平和賞

ノーベル平和賞

ノーベル平和賞

ノーベル平和賞はアルフレッド・ノーベル(Mr. Alfred Nobel, 1833-1896)の遺言によって創設されたノーベル賞  6 部門のうちの一つです。同平和賞は、1901 年よりノーベルの遺言に従って、ノーベルの命日である 12 月 10 日に「国家間の友好関係、軍備の削
減・廃止、及び平和会議の開催・推進のために最大・最善の貢献をした人物・団体」に
与えられます。選考はノルウェー・ノーベル委員会が行います。賞金は 800 万スウェーデンクローネだそうです。日本円で約1億円です

ノルウェー・ノーベル委員会
ノーベル委員会はノルウェー国会によって任命された 5 名から構成されています。委員任命に関する規定では、委員の任期は 6 年であり、再任も可能とされている。委員のメンバー構成は、国会における政党間のバランスが相対的に反映されることとなっています。メンバーは現職の国会議員あるいは閣僚であってはならないと決められているが、特に他の資格制限はない(初期の頃は、国会議員や閣僚が委員を務めることは通常のことであったが、委員会のノルウェー当局からの中立性を確保するため、1936 年から閣僚が、1977 年から現職の国会議員が委員を務めることが禁止されました。同時に委員会の名称が、「ノルウェー国会ノーベル委員会(The Nobel Committee of theNorwegian Storting)」から現在の「ノルウェー・ノーベル委員会(The Norwegian Nobel Committee)」に変更されました。委員がノルウェー国籍を保持していることは条件ではないようですが、従来の委員は全員ノルウェー人だそうです。

 

ノルウェー・ノーベル研究所
ノーベル研究所は1904 年に設立して同研究所の最も重要な任務は、ノーベル委員会によるノーベル平和受賞者決定に係わる作業に貢献することです。同研究所は政治史、国際法、平和、国際経済等に関する書籍約 20 万冊を所蔵する図書室及び独自の研究部門を有します。同研究所は各種セミナー等を開催している他、各分野における専門家を招き「ノーベルシンポジウム」を開催。同シンポジウムは意見交換、相互理解の場として活用されています。1990 年より同研究所所長はルンネスタ氏(Mr. Geir Lundestad, 1945 年生まれ、オスロ大学教授(歴史学))が務める。同研究所所長は、ノーベル委員会の事務局長も兼任します。

 

 

 

ノーベル平和賞授与までの経緯
2020年 9 月末

各国に、来年度のノーベル平和賞候補者推薦要項が届く

2021年2 月 1 日 推薦締め切り

2021年10 月中旬

ノルウェー・ノーベル研究所にて受賞者発表

(ノーベル委員会委員長より、ノルウェー語、英語による発表)
12 月 10 日

オスロ市庁舎にてノーベル平和賞授与式(国王、皇太子、首相、各国大使、各界代表などが出席。ノーベル委員会委員長によるスピーチの後、受賞者によるスピーチ(Nobel Lecture:ノーベル賞記念講演)が行われる。

2021ノーベル平和賞 受賞候補者

 

 

現時点では様子がつきません