日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

河井案里議員有罪判決 公職選挙法違反で懲役1年4月、執行猶予5年

河井案里議員有罪判決 公選法違反懲役1年4月、執行猶予5年

河井案里議員有罪判決 公選法違反懲役1年4月、執行猶予5年

河井案里被告Facebookより引用


2019年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた参院議員河井案里被告(47)に、東京地裁(高橋康明裁判長)は21日、懲役1年4月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡しました。案里議員は買収の意図を否定し、全面無罪を主張していました。

 

 

 

 

 


判決は案里議員と夫で元法相の衆院議員克行被告(57)の共謀が成立すると認定しました。起訴状によると、19年3~6月、克行元法相と共謀し、集票依頼などの目的で広島県議ら5人に計170万円を供与したとしています。

 

 

現金の趣旨が最大の争点で、案里議員は「県議選の当選祝いや陣中見舞いだった」と主張。検察側は県議らの証言に基づき「票取りまとめの報酬だ」と指摘していました。
元法相は5人を含む計100人に対し、計2900万円余りを配ったとされ、案里議員とは別に東京地裁で審理が続いています。夫妻は有罪が確定すると議員を失職するようです。www.tokyo-np.co.jp