日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

アップルが来年!自動車を製造販売!iCar「Apple Car」

アップルが来年!自動車を製造販売!iCar「Apple Car」

アップルが来年!自動車を製造販売!iCar「Apple Car」

iphoneやmacなどで知られるアップルが来年(2021年)に自動車を製造販売すると台湾の経済メディアの経済日報が伝えて話題になっています!2024年にAppleは自動車の製造を予定していましたが当初の予定よりも約2年前早い、2021年9月に「Apple Car」を発売する見込みであるとし、その試作車はすでにカリフォルニア州で路上テストが行われていると報じています

 

 

 

 

money.udn.com

ロイターの報告によると、この問題に詳しい人々は、アップルは自動運転の自動車技術を進歩させており、目標は2024年に自動車を生産することであり、これにはアップル自身が開発した画期的なバッテリー技術が含まれる可能性があります。

「プロジェクトタイタン」と呼ばれるこのアップルの自動車生産プロジェクトは、2014年にゼロから始まりましたが、すべてが順調に進んだわけではありませんでした。Appleはかつて、ソフトウェア開発に焦点を合わせる計画を放棄し、その目標を再評価しました。テスラで働いていたアップルのベテラン、ダグフィールドは、2018年にプロジェクトに戻り、2019年に190人もの人々を廃止しました。

プロジェクトは後に大きな進歩を遂げ、現在は大衆市場向けの車を製造することを計画しています。これは、ロボットタクシーを構築し、自動運転の自動車乗客サービスを提供するAlphabetのWaymoとはまったく対照的です。

このプロジェクトに対するAppleの戦略の中核は、バッテリーのコストを根本的に削減し、バッテリーの寿命を延ばす可能性のある新しいバッテリー設計です。

強力な財源を持ち、世界中の部品を使用して毎年数億の電子製品を製造しているAppleのような企業でさえ、自動車を製造したことがないため、サプライチェーンで依然として課題に直面しています。ムスクのテスラが継続的に利益を上げる会社になるまでに17年かかりました。

どの企業がAppleブランドの車を組み立てるのかはまだ不明であるが、情報筋によると、Appleが製造パートナーを見つけることを期待しているという。しかし、ある情報筋によると、Appleは自社ブランドの車を販売する代わりに、努力の範囲を縮小し、従来の自動車工場に統合して自動車を生産できる自律運転システムを開発することを決定する可能性があります。

Appleの計画に精通している2人は、流行によって引き起こされた遅延により、2025年以降に生産が開始される可能性があると警告しました。

Appleは、光学レーダーセンサーを含む外部パートナーから必要なコンポーネントを購入することを決定しました。

Appleの車には、さまざまな距離をスキャンするための複数の光学レーダーセンサーが装備されている場合があります。一部のセンサーは、Appleの光学レーダー部門の内部開発に由来する場合があります。今年AppleがリリースしたiPhone12ProとiPadProの両方に、光学レーダーセンサーが装備されています。

インサイダーによると、この自動運転車のバッテリーについては、Appleは独自の「モノセル」設計を使用する予定です。バッテリー材料で満たされたバッグとモジュールを省略し、バッテリーパック内の個々のバッテリーの量を増やし、内部スペースを解放します。

Appleの設計は、バッテリーをより多くの活物質で満たすことができることを意味し、車の潜在的な航続距離をより長くします。この問題に詳しい人は、AppleはLFP(リン酸鉄リチウム)と呼ばれるバッテリーの化学組成も研究していると述べました。この問題に詳しい人によると、このテクノロジーは「iPhoneを初めて見たときと同じように、さらに一歩進んだ」とのことです。

経済日報記事をgoogl翻訳して引用

 

 

 

 

日本国内生産もあるか?

 

アップルは2015年に横浜市のパナソニックの工場跡地を取得し、技術開発センターを新設するとしていました。以前から自動車関連の技術開発を進めてきたとされています。アップルは車の生産自体は他社に委託をして自動運転システムの提供にとどまる可能性もあるとしています。詳しい情報はまだ未定のようです

ロイター通信発表

ロイター通信では21日、米アップルが自動運転技術の開発を進めており、2024年までの乗用車生産を目指していると報ています。コストを抑えた高性能電池を搭載し、航続距離が長くなるとみられる。新型コロナウイルスの影響で生産開始は25年以降にずれ込む可能性もあるという情報です。