日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

笑点!落語家の林家こん平さん死去!77歳!誤嚥性肺炎!林家たい平師匠

落語家の林家こん平さん死去!誤嚥性肺炎

落語家の林家こん平さん死去!誤嚥性肺炎

笑点で有名な落語家の林家こん平さんが12月17日午後2時2分に、誤嚥性肺炎のため病院で死去しました。77歳でした。林家こん平さんは日本テレビの「笑点」の解答者として有名でした。関係者によると葬儀・告別式は19日に近親者で済ませたとのことです。。2005年7月より、多発性硬化症で病と闘ってきました。一線からは退いたものの、一門の落語会や落語家仲間による卓球サークル「らくご卓球クラブ」では元気な姿を見せていました。

 

 

 

 

 

「1、2、3、チャラ~ン」

6人兄弟の末っ子として生まれ、中学卒業と同時に上京して初代林家三平の弟子となったこん平さんが、全国区の人気を得たのが、66年から出演を始めた日テレ系「笑点」だった。自らの出身地である新潟県千谷沢村(現在の長岡市)を「チャーザー村」と呼び、地元ネタで観客を沸かせた。「チャラ~ン」も、元々は同番組での自己紹介の締めから始まったものだったそうです。

 

 

 

 

2004年に「声帯結節」

40年近く日曜のお茶の間を楽しませてきたこん平さんに、突然のアクシデントが襲ったのは、2004年8月。当初は、のどの使い過ぎが原因で、声帯に小さな固い突起物ができる「声帯結節」と診断された。1か月ほど入院して安静にすれば治るとされ、早期復帰が見込まれていたが、なかなか体調が回復しませんでした。

 

2005年に「多発性硬化症」

2005年に判明した病名は「多発性硬化症」だったそうです。厚生労働省が特定疾患に指定しており、脳や脊髄に炎症が起きる難病とされ、こん平さんも、落語家の命である声が不自由になり、高座に上がるのをあきらめざるを得なくなったそうです。

「らくご卓球クラブ」

趣味が高じて1987年に三遊亭小遊三さんと結成した「らくご卓球クラブ」の練習には積極的に顔を出し、リハビリにも取り入れていたようです。2009年12月には、東京の池袋演芸場で5年7か月ぶりに舞台へ復帰することが出来ました。翌年3月の自著の発売記念会見では「今でも復帰を目指している?」と聞かれ「ハイ、そうです」と元気よく答えていたようです。

 

 

 

林家 こん平さん

本名・笠井光男。1943年3月12日、新潟県生まれ。中学卒業後に上京し、初代林家三平に入門。62年11月、二つ目昇進。66年5月から日テレ系「笑点」のメンバーに。72年9月、真打ち昇進。80年、初代三平の死去後は一門を引き継ぐ。2004年9月、「笑点」を降板。05年7月、多発性硬化症(MS)であることを公表

news.yahoo.co.jp