日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

11日ミュージックステーション 嵐の特別企画 2時間スペシャル放送

11日ミュージックステーション 嵐の特別企画 2時間スペシャル放送

11日ミュージックステーション 嵐の特別企画 2時間スペシャル放送

嵐の特別企画で豪華11曲スタジオ生披露

貴重映像でこれまでの出演振り返る
12月11日夜8:00~放送の「ミュージックステーション 2時間スペシャル」では嵐だけでまるごと1時間の特別企画を実施することが決定しました

 

 

 

 

 嵐の特別企画を1時間

11日のテレビ朝日系「ミュージックステーション」2時間スペシャルでは、今年いっぱいで活動休止する人気グループ・嵐の特別企画を1時間にわたって放送します。これまでに嵐がリリースしてきた11曲を生ライブで披露するそうです。

 

1999年のデビューから2020年まで、21年間にMステに出演した回数はなんと138回。嵐とMステの歴史を、超貴重映像とともに振り返る。さらにスタジオでは、これまでに嵐がリリースしてきた名曲の数々から、豪華11曲を生ライブで披露する。

www.tv-asahi.co.jp

  • 松本潤
  • 相葉雅紀
  • 二宮和也
  • 大野智
  • 櫻井翔

さらにスタジオでは、これまでに嵐がリリースしてきた名曲の数々を生ライブで披露。11曲ものパフォーマンスで視聴者を楽しませてくれる。まさに永久保存版になること間違いなしの1時間。当日は、嵐がいったいどんな演出とステージ構成を見せてくれるのか。

King & Princeらも出演
今年最後のスタジオからの放送となる『ミュージックステーション』。この日は嵐のほかにも、6組の豪華アーティストが華やかなパフォーマンスを行う。

AIは新曲「Not So Different」、King & Princeは自身初となるウィンターラブソング「I promise」、そして秦基博は「泣き笑いのエピソード」を披露。また、福山雅治は映画の主題歌として話題の「革命」を、Little Glee Monsterは世界的アカペラグループ・ペンタトニックスとのコラボ曲「Dear My Friend feat. Pentatonix」を歌唱。そしてLiSAは今年空前の大ヒットを記録した映画、劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の主題歌「炎」をパフォーマンスする。(modelpress編集部)

出演アーティスト(50音順)
AI「Not So Different」

King & Prince「I promise」
秦基博「泣き笑いのエピソード」
福山雅治「革命」
LiSA「炎」
Little Glee Monster「Dear My Friend feat. Pentatonix」


 

 

嵐!名前の由来!

理由は漢字1文字で新聞ラテ欄を意識!

ジャニー喜多川さん談

2020年12月31日で活動休止になるジャニーズの嵐の名前を付けた由来について新たな情報が入りました。解散前にこの事実をしったメンバーは騒然、櫻井「このタイミングで知る事実」とは?

 

 

 

 

一般的に知られてている命名の理由

「世界中に嵐を巻き起こす」という意味のほか、五十音で最初の「あ」、アルファベットでも最初の「A」で始まることから、「頂点に立つ」という意味も込めて「嵐」と命名された。 ジャケット、公式サイトおよびSNS等での表記はアルファベットで「ARASHI」となっています。

 

本当の理由を語る東山紀之さん

タレントで元少年隊のの東山紀之さんが12月3日放送のフジテレビ「VS嵐」に出演し後輩グループ「嵐」の命名秘話を明かし、メンバーを驚かせました。後輩の冠番組にゲスト出演した東山さんは嵐の結成前からの大先輩で当時少年隊として大活躍をされていました

嵐!名前の由来!本当の理由

東山さんは当時のことをこう語っています。東山さんがジャニーズの産みの親のジャニー喜多川さんに対して「なんで嵐って付けたの?」と聞くとジャニーさんは「嵐って1文字なんだよ。必ず新聞(ラテ欄)に載るんだよ。どんな番組でも必ず載るんだよ」説明していたと明かしメンバーを驚かせました

 

 

 

メンバーは誰も知らなかった

この突然の告白にメンバーを含むスタジオ共演者は一様にざわつき、櫻井翔さんは「知らなかった、それ」とポツリ。相葉さんも「全然知らない」と苦笑いを見せた。「このタイミングで知る事実ってあるんだね」と櫻井さんも感無量のようです。二宮和也さん)も「なんで今まで言ってくんなかったんだろう」と1999年の嵐デビューから今になって知る事実に驚がくしていました。