日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

ニトリ「ニトリネット」偽サイトに注意!偽URL「mitori」リンク!注意喚起

ニトリ「ニトリネット」偽サイトに注意!注意喚起

ニトリ「ニトリネット」偽サイトに注意!注意喚起

偽サイトに関する報道で注意喚起

ニトリホールディングスは12月2日に一部マスコミで公式通販サイト「ニトリネット」を装った偽サイトに関する報道があったことを受けて公式サイトでコメントを発表したました。現在のところ被害は出ていないようです。ニトリらしきロゴがありますが、アドレスは「ミトリ」となっているサイトです

 

 

 

偽サイトにご注意ください!!

この度、ニトリネットを装った偽サイトがあることが判明いたしました。
個人情報を悪用されたり、詐欺被害につながる恐れもあるため、偽サイトへのアクセスや、ニトリネットで使用しているIDやパスワード等の個人情報の入力は決して行なわないようお願い申し上げます。
弊社のインターネットショップは以下のURLのみでの販売となります。
【ニトリネット】https://www.nitori-net.jp/
【楽天市場店】https://www.rakuten.ne.jp/gold/nitori/
【Yahoo!店】https://store.shopping.yahoo.co.jp/nitori-net/

 

偽サイトの特徴

検索エンジンにはインデックスされていますが現在はアクセスできなくなっています!

mitori-net.jp

mitori-net.jp

サイトURLのnitoriがmitoriになっています!

サイトURLのnitoriがmitoriになっています!

サイトURLのnitoriがmitoriになっています!

mitori-net.jp URLが「https://www.mitori-net.jp/」と表示される

  • 連絡先の電話番号が掲載されていない。
  • 不自然な日本語表現が見受けられる。
  • 取扱い商品価格が極端に安い。
  • 銀行口座名が運営会社と一致しない。
  • 連絡先アドレスがフリーメールアドレスになっている。

 

 

 

対策状況

レジストラへのウェブサイトの削除要請

レジストラへのウェブサイトの削除要請

プロバイダー、レジストラへのウェブサイトの削除要請しています。
警視庁サイバー犯罪対策課への有害サイトとして登録要請済みです。
北海道警察の広報誌への掲載協力しています。
偽リスティング広告の削除要請済みです。

 

ニトリを騙った不審なメールや電話にご注意ください!!
一部のお客様より、ニトリを装った不審なメールおよび、不審な電話を受けたとのご報告を受けております。お心当たりのない連絡につきましては、ご返答をしないようご注意ください。

 

偽サイトの特徴 掲載内容

 

  • ニトリらしきロゴがあります
  • アドレスは「ミトリ」となっています
  • 2万7182円の2WAYこたつは約72%引きの7633円
  • 3万6945円の本棚が約76%引きの8851円
  • 2719円のこたつ布団がなんと3533円

住所は東京千代田区で実在せず

ニトリの通販サイトに似せた「偽のサイト」を作り、消費者を誘導する被害が相次いでいるそうです。なぜ偽サイトを作ったのか。我々は表記されていた住所を訪ねました。
サイトに載っていた住所に行きましたが、事業者名の看板などは見当たりません。

電話番号はダイソンサービスセンター

表記されていた番号に電話を掛けてみると電話の先は全く関係のないダイソンのサービスセンターになっています。ダイソンも今年になって公式サイトの画像や文章を盗用され、偽サイトを作られる被害に遭っています。

 

 

 

 

問い合わせ82件!金銭的な被害は無し!

同社によると「偽サイトについて、すでに警視庁サイバー犯罪対策課、北海道警察と連携し対応を進めており、現在まで経済的な実害があったという報告はない」としていますが、実際にこの「ニトリの偽サイト」を使ってしまったケースのなかにはカードで決済されず、直前で金銭的な被害を免れた人もいたそうです。

 

偽サイトへのアクセスはしないでください

顧客には、個人情報の漏えいや詐欺被害につながる恐れがあるため、偽サイトへのアクセスとニトリネットで使用している ID・パスワードなどの個人情報の入力は、決して行わないよう注意喚起をしています。

現在偽サイトは

表示できなくなっています

偽サイトはプロバイダー・レジストラへのウェブサイトの削除要請を行い、警視庁サイバー犯罪対策課に有害サイトとしてのフィルタリング登録をしたそうです。現在は繋がらなくなっています。また、北海道警察のホームページへの掲載協力、偽リスティング広告の削除要も行ったようです。ニトリでは、これらの対策を踏まえて、引き続き警視庁サイバー犯罪対策課や北海道警察と連携し対応していくということです。