日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

エールコンサート モスラの歌の意味 日本語訳 ザ・ピーナッツ 古関裕而

エールコンサート モスラの歌の意味 日本語訳 ザ・ピーナッツ 古関裕而

エールコンサート モスラの歌の意味 日本語訳 ザ・ピーナッツ 古関裕而

27日に最終回を迎えたNHK朝の連続ドラマ小説「エール」の中で藤丸 千鶴子が披露した「モスラの歌」は原作は昭和36年に制作された東宝映画「モスラ」の主題歌でインドネシアの架空のインファント島の石碑にかかれていた呪文を歌にしたものであるそうです。どんな意味があるのでしょうか?日本語に翻訳してみたら?

 

 

 

 

 

モスラの歌 歌詞

Mothra, ya, Mothra
Dengan kesaktian Indukmu
Restuilah do'a hambamu
yang rendah
Bangunlah dan
Tunjukkanlah Kasaktianmu

 

モスラヤ モスラ
 ドゥンガン カサクヤン
 インドゥムゥ
 ルスト ウィラードア
 ハンバ ハンバムヤン
 ランダ バンウンラダン
 トゥンジュカンラー
 カサクヤーンム

 

日本語訳

モスラよ、モスラ
あなたの母の神秘力で
あなたの賤しきしもべの祈りを
かなえたまえ
さあ、起き上がり、
その神秘の力をお示しください

 

 

 

 

作詞者の由起こうじさんは田中友幸、本多猪四郎、関沢新一の3人の共同ペンネームで行っているようです。映画モスラを作った本多猪四郎監督によると、歌詞は日本語で書かれたものがインドネシア語へ翻訳され、完成歌詞となったようです。歌詞の原稿は古関裕而記念館に展示されているほか、内容は新潟大学の公式サイトで解説されています

www.iess.niigata-u.ac.jp

 



ザピーナッツのモスラの歌

 

作詞:田中友幸、本多猪四郎、関沢新一
作曲・編曲:古関裕而
歌:ザ・ピーナッツ(伊藤エミ、伊藤ユミ)
「モスラの歌」 ザ・ピーナッツ 1961年

姉 伊藤エミ(本名、澤田[1] 日出代(さわだ ひでよ)(旧姓、伊藤)1941年(昭和16年)4月1日 - 2012年(平成24年)6月15日)
妹 伊藤ユミ(本名、伊藤 月子(いとう つきこ)1941年(昭和16年)4月1日 - 2016年(平成28年)5月18日)。

tadatabilife.hatenablog.com

大みそかのNHK紅白歌合戦で「エール」の企画コーナーの準備が進行中のようです。既に主題歌「星影のエール」を歌う男性4人組「GReeeeN」が特別企画で初出場することが発表されています。二階堂ふみさんも紅組の司会を務めることで今回と同様、窪田がコンサートの司会者としてNHKホールに登場。曲紹介などを行う演出が検討されているようです