日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

速報 アメリカ大統領選挙結果、期日前投票はいつわかるのか?開票開始時間と時刻

アメリカ大統領選挙 結果はいつわかるのか?開票開始時間と時刻

アメリカ大統領選挙 結果はいつわかるのか?開票開始時間と時刻

アメリカ大統領選挙は日本時間の11月3日午後8時から投票が行われていて、日本時間の11月4日午前8時から各州で順次、開票が始まりました。トランプ大統領が再選を果たすのか、それとも民主党のバイデン前副大統領が政権を奪還するのか、世界の目が注がれています

速報11月4日10時現在

フロリダ州ではほぼ互角

 

速報11時現在

速報 アメリカ大統領選挙結果

速報 アメリカ大統領選挙結果

赤色の州がトランプ氏青色の州がバイデン氏が勝利確定した州です。

 

13時現在 トランプ氏優勢

 

アメリカ大統領選挙の

結果はいつわかるのか?

投票結果は各州ごとにまとめられ、一番早いのは東部諸州で日本時間4日午前9時ごろです。また最も遅い州はアラスカ州やハワイ州で日本時間の4日14時に終わります。投票の締め切り時間は各州によって異なるため例年なら当選確実の発表は日本時間の午前11時半ころにはどちらが勝利したかがわかりました。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で郵便投票が増え例年より遅れる可能性があるといわれています

アメリカ大統領選挙の

開票結果予想時刻

結果のわかる時刻に大きく影響を与えるのが郵便投票です。多くの州が郵便投票を11月3日の消印まで有効としているだけではなく、州によって事前開票をしている州もあれば、投票日まで開票集計できない州もあるため、状況によっては翌日でも結果が出ず分かるまで数週間を要する可能性もあるといわれています。

 

 

郵便投票に時間がかかる理由

これまでの米大統領選での開票作業は、主に投票所で投じられる票を機械が自動的に集計するというシンプルなものでした。しかし今年の大統領選では、新型コロナウイルスの流行を受け、郵便投票が大幅に増加。国内に数千ある選挙区で開票の手順や規則がそれぞれ異なることも相まって、各地で人手不足や技術的問題が指摘されています

 

大統領選最短での当確がわかる時間は?

例年ですと最短の場合、日本時間の11月4日午後1時すぎには当選確実の結果がわかっていましたが、今回に関しては現時点ではまったく正確な時間がわからないというのが結論です。他の報道や記事などで予想時刻が書かれていますが、あくまでも推測にすぎません。また当選確実ごも郵便投票などで不正が発覚した場合など両陣営は裁判を起こす構えでいますので正式な結果がでるのは、11月15日以降になるかもしれません

リアルタイムの開票速報はこちらでご確認できます

news.yahoo.co.jp

 

 

 

 

注目すべき州

全米50州のうち38州では世論調査で勝敗の行方がはっきり示されており、鍵を握るのはその他の12州になります。

注目する州投票締め切り時間

  • 東部のジョージア 日本時間の4日午前9時
  • フロリダ 4日午前9時~10時
  • ノースカロライナ 4日午前9時半ごろ
  • 西部のアリゾナ アリゾナは4日午前11時

バイデン氏優勢か

勝敗の行方が確実とされる州が予想通りにいったとすると、バイデン氏が上に挙げた4州の中でフロリダとさらに2州を獲得すれば、日本時間の4日昼までに270人を超える選挙人を獲得し、当選を確実とする可能性があります。一方、トランプ氏は上の4州すべてを獲得しても、勝利を確実にすることはできません。

正式な投票数は1~2週間後 

また、当日のトラブルによって結果に遅れが出る可能性もあります。ノースカロライナ州の選挙管理委員会は3日午後、技術的問題により4地区での投票時間を延長すると発表しています。これにより開票結果の発表は少なくとも45分遅れることとなっています。

最大の激戦区となっているペンシルベニア州の投票締め切り時刻は日本時間4日午前10時ごろですが、当局は郵便で投じられた大量の票の開票作業に時間がかかることから、結果発表が現地時間の翌日以降になる可能性があると説明しています。さらにミシガンやウィスコンシンなどの重要州も同じ状況となる可能性があるとされています。

 

正式に大統領が決定する日は

来年1月6日です

正式に大統領が決定する日

正式に大統領が決定する日

今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、郵便投票の利用者の急増が予想されています。激戦州の中西部ミシガン州が投票用紙の必着日を投票日後の11月17日に設定するなど、結果判明まで数日から1~2週間かかるとの見方が出ています。

順調に結果を確定できれば12月14日に選挙人が形式的に各州で投票し、来年1月6日の上下両院合同会議で開票されて次期正副大統領が正式に決まります。同20日に、大統領就任式が連邦議会議事堂前で開かれ、次期大統領の4年間の任期がスタートする予定になっています。