日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

神奈川県民旅行補助金完売受付終了!超お得な、かながわ県民割り使ってみた

かながわ県民割り使ってみた感想

かながわ県民割り使ってみた感想

10月8日からスタートした神奈川県限定で1泊の旅行に最大7500円の補助がでるというので早速使ってみました。詳しい予約方法などがわかるサイトなどがあまりなく予約までかなり手間がかかりました。すでにキャンペーンは完売しており県では追加するか検討している段階だそうです

 

このキャンペーンがどれだけお得なのか?

キャンペーン対象エリアが2区分あります

キャンペーン対象エリアが2区分あります

今回のキャンペーンは同じ神奈川県内でもエリアによって割引金額がことなります。もともと人気のエリア(横浜・鎌倉・箱根)は定番エリアとして補助金額が一人1泊5000円、そしてそれ以外のエリアを再発見エリアとして一人1泊7500円補助する内容になっていました。

 

定番エリアと再発見エリアの違い

定番エリアと再発見エリアの違い

元々人気のエリアは補助金がなくても予約が入ることからそれ以外のエリアで旅行をすることを推奨している金額設定になっていました。今回はせっかくなので再発見エリアから予約をしてみることにしました。

代理店予約は即日完売

代理店予約サイトは即日完売

代理店予約サイトは即日完売

予約方法をしらべていると、県の指定する旅行代理店経由で予約する方法か直接対象の旅館やホテルに予約する方法の二通りがあることがわかりました。10月3日の時点ですでに代理店での商品はほぼ完売状態でした。もう一方の直接宿泊施設に予約する方法で試してみたところ、ホテル旅館のリストが特設サイトに120件近く載っていたので1軒ずつチェックしてみましたが、めぼしいところはほぼ満室な状態でした。

宿泊施設への直接予約も5日で受付終了

かながわ県民割りポータルサイトの宿泊施設一覧

かながわ県民割りポータルサイトの宿泊施設一覧

かながわ県民割りポータルサイトの宿泊施設一覧には横浜エリアから川崎~県央~県西~箱根~湯河原の順番で約120件の宿泊施設のリンクがありました。そのリンクを上から順番に見ていきましたが10月3日の時点ですでに側近の予約は満室状態でした。最後の湯河原エリアでギリギリ空室が見つかりすぐに予約をしました。予約は電話ですぐに予約出来ました

※10月5日現在で直接予約受付も終了しています

GoToトラベルの申請と

かながわ県民割りの申請は別々に申請

電話で旅館に問い合わせてみたところ、GoToトラベルとかながわ割りの併用は可能とのことでしたがGoToトラベルの申請は予約者が自身で別の予約サイト経由で申し込みをしないと割引が適用できないとのことで、また別の予約サイトにアカウントを作成してログインして予約をする手間がありました。県民割りの申請は、県民であることを証明できるものを当日お持ちいただければ旅館の方で手配ができるとのことでした。

 

実際どれぐらいお得だったか

かながわ県民割り使ってみた感想

かながわ県民割り使ってみた感想

黒部和牛のしゃぶしゃぶが付くプランで1泊朝夕2食付きで一人1万6,500円のプランがGoToトラベルキャンペーンで35%オフでした。

税込み18,150円X0.65=11797円  そこから更に7,500円引きで4,297円で泊まれました。更に二人で1000円の地域共通クーポン券を5枚もらえたので一人2500円分宿泊施設での飲み物代やお土産代が割引されました。実質一人1800円で泊まれた計算になります

現在神奈川県で追加受付を検討中

10月5日時点で予約受付は終了しており県民からは情報格差の不公平さ不満の声も上がっており追加での受付を検討しているとのことです。また情報があれば書いてみたいとおもいます。