日本全国自由に旅する!夢のレンタカー回送ドライバー生活

レンタカーで日本中をドライブ!レンタカー回送ドライバーが各地のグルメやお勧めスポットを紹介します。

MENU

【緊急】ドコモ口座!ドコモ不正引き出し!被害銀行一覧!被害額その不正手口とは?

ドコモ口座!連携銀行35行一覧

ドコモ口座!連携銀行35行一覧

地方銀行を狙った

不正出金の被害が

多発しています!

重要:至急口座を確認してください

 

被害は確認されている銀行名

  • 七十七銀行
  • 中国銀行
  • 大垣共立銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • 京都銀行
  • 東邦銀行
  • 鳥取銀行
  • 滋賀銀行
  • その他6の地方銀行

被害内容

9月14日現在で120件、被害総額は2542万円が不正に口座から引き出されています

NTTドのコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用した現金の不正引き出し被害が相次いでいますがこの不正は、ドコモの携帯電話や、ドコモ口座を利用していない人でも、突然銀行口座から預金を引き出される被害が発生しています。

 

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用した現金の不正引き出し被害が相次いでいる

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用

繰り返しますが、この被害はドコモの携帯電話や、ドコモ口座を利用していない人でも可能性あります。下記銀行に普通貯金口座をお持ちの方は至急口座の段高確認をしてください。「ドコモ口座」という名前でお金が引き出されていたら被害にあった可能性があります。すぐに銀行に連絡を入れましょう

 

どんな不正があったか?

ドコモ口座不正の手口

ドコモ口座不正の手口

犯人は被害にあった口座の預金者になりすまし、フリーメールなどを使用して新規にドコモ口座を開設し、被害のでている銀行口座と不正で作ったドコモ口座をひもずけする手口で口座からお金を出金しています。先月下旬以降、多い時には1日およそ100件の不正なドコモ口座が開設され、銀行とひもづける手続きが行われていたことが、関係者への取材で分かりました。

どのようになりすましたのか?

犯人はいずれも不特定多数の預金者に「システムセキュリティーのアップグレード」などの内容のメールを送信し、記載された偽サイトに誘導して、生年月日や氏名、電話番号に加え、暗証番号や口座番号といった情報を抜き取るフィッシング詐欺の手口だった

 

狙われたのはスマホ決済しない人 

ドコモ口座がひも付け出来る銀行口座は1口座だけです。そのため利用者がすでに自らドコモ口座を開いて本人の銀行口座とひも付けしている場合は、不正に開設されたドコモ口座とひも付けされることはできません。

逆に、ドコモ口座を開いていない人の銀行口座は、不正に開設されたドコモ口座とひも付けられる危険が高かかったわけです。この結果、被害者はドコモ口座を開いていない人に集中したもようです。

対象銀行 連携銀行35行一覧

みずほ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行

イオン銀行
伊予銀行
池田泉州銀行
愛媛銀行
大分銀行
大垣共立銀行
紀陽銀行
京都銀行
滋賀銀行
静岡銀行
七十七銀行
十六銀行
ソニー銀行
但馬銀行
第三銀行
千葉銀行
千葉興業銀行
中国銀行
東邦銀行
鳥取銀行
南都銀行
西日本シティ銀行
八十二銀行
肥後銀行
百十四銀行
広島銀行
福岡銀行
北洋銀行
みちのく銀行
琉球銀行

 

ドコモ口座がサービス停止している内容

■受付停止内容
 ・全提携銀行における銀行口座登録
 ・全提携銀行における銀行口座変更
 ・一部銀行におけるチャージ停止

2020年9月11日現在

 

 

<チャージ(入金)がご利用いただけない銀行>
 ・ゆうちょ銀行
 ・イオン銀行
 ・伊予銀行
 ・大分銀行
 ・大垣共立銀行
 ・紀陽銀行
 ・滋賀銀行
 ・七十七銀行
 ・仙台銀行
 ・第三銀行
 ・千葉銀行
 ・千葉興業銀行
 ・中国銀行
 ・東邦銀行
 ・鳥取銀行
 ・北洋銀行
 ・みちのく銀行
 ・琉球銀行

現在全国で1800万円の被害が報告

さらに被害額は拡大する可能性があります

 

宮城県30代女性30万円被害

宮城県の30歳代の女性は被害に気づいたのは今月2日夜。銀行のスマートフォンアプリで残高を照会したところ、前日に身に覚えのない送金が4件あったそうです。金額は10万円、9万円、9万円、2万円で、計30万円。送金先は「ドコモコウザ」と記載されていたとのことです

また同件をねらった詐欺などが発生する可能性があります

 

 

ドコモ口座サービス停止による詐欺

ドコモ口座 詐欺

ドコモ口座 詐欺

また銀行員を名乗り、自宅に直接電話や訪問する詐欺が発生する可能性があります。怪しい電話や訪問があった場合は必ず銀行に自分から直接電話をして確認するようにしてください。また確認を代行するなど銀行通帳やキャッシュカードなどを他人に預けたりしないようにしてください。